ミッシング・ハイウェイ。

OCTANE
b0046078_1330137.jpgストーリー:車影もまばらな深夜のハイウェイ。母センガと娘ナットは帰路を急いでいた。途中、サービスエリアでバックパッカーの少女と出会うが、程無く少女は謎の言葉とともに消えてしまった。その直後、同じく忽然と姿を消してしまう娘ナット。―何処へ?誰が?何の目的で?― ハイウェイを暴走するトレーラーが“連続少女失踪”の鍵を握っていることを知ったセンガは危険なカーチェイスを繰り広げ、ある廃工場へと辿り着く。そしてたった一人、命を賭けた闘いをはじめる。娘を奪還するために!


ノマン映画~。
久しぶりだね、ノマン。
ぶっちゃけスゲーB級。ノマン、あんた何に引かれてこの映画に出たんだ・・・?

ノマンの役は結構最初から出てくるけど、最後まで端役なイメージ。
牽引トラックの運ちゃんです。事故車を引っ張っていきます。でも端から含みありそげです。
途中、娘が攫われてるシーンで、助けてやんないのかよ!とか思ったり、でもおばさんは助けたり。ってか妹爆破すんのかよ、どんな愛だ。一回おばさんに爆弾仕掛けたとたんにドアロックされてね、うっそーノマン何もしてないじゃん。もう死ぬのかよ、とか思ったら生きてた。その後も死んだかな?って感じのシーンでことごとく生きてるからちょっと面白かった。でラストはブレイド2再びな感じで・・ああスカ、君の最後ほど粉砕はされてないかもねvって感じではあるけど、爆死です。木っ端微塵ですな。あはは。でもその前に教祖に舌噛み切られて、死んだのかな?最後の最後に男とベロチューで天昇って辛くね?

ビックリしたのが教祖!何か見たことあるなぁ~、この微妙な顔誰だっけ?と思ったらジョナじゃないですか!!何してんのあんた、今度は教祖かYO!
教祖って云うには微妙なんだけどね。かなり小さなコミューンだしなぁ、実はもっと大きいのか?でも地道な勧誘してるしなぁ。そのくせ金は有り余ってるみたいで、資金はどこから出てるんだよ。しかし、この教団(違うって)謎です。
儀式が意味わから無すぎです。変な部屋に入れられるんですよ。そしたらそこには何故か車が1台。何かしら?と覗き込んだらタイミングを計ってましたと言わんばかりに幌が開いて教祖ジョナが後部座席に埋もれるようにして登場!そして若ゾーらしく下らない御託を並べるのです。教祖、それじゃぁティーンしか口説けません!!って位馬鹿馬鹿しい誘い文句でした。が相手はティーン。すっかり場の意味の分からん空気に呑まれている。こいつは頂き☆とばかりに早速頂くジョナ教祖。うーん、ココでね、セックスだけだったらまだいいんだけど、ペッティングと言うにもおこがましい行為しかせず、何故か剃刀の刃で己のベロを縦切り・・・ギャー、教祖普通に痛そう!!ドラックでもキメて痛み感じないようにしとけよ、かっこわりーな。多分それでベロチューぶっこいて血の契りとかで我々は家族だ、とか言いたかったんだろうな。残念ながらおばさんに邪魔されます。
教祖は最後、ノマンに乗っかってノマンの舌を噛み切るんですよ。間違いなく口内で激しい攻防があったと思わしき間でありました。生々しいなぁ。でもバカチン教祖はノマンに跨ったまま騒いでたもんだから、ノマンの胸ポケの爆弾をおばさんがドカンとやってノマンと一緒に木っ端微塵です。あはは、激しい映画だな。
取りあえず、B級だし、見たい俳優とか居ない限りはお勧めしかねるね~。


       どこにたどり着くのだろう、この明けることの無いハイウェイの夜は。


2003年 イギリス/ルクセンブルグ
監督 マーカス・アダムス
製作総指揮 ビル・アラン
脚本 スティーヴン・ヴォーク
出演 マデリーン・ストー 、ノーマン・リーダス 、ビジョウ・フィリップス 、ミーシャ・バートン 、ジョナサン・リス=マイヤーズ
[PR]
by nichika-1958 | 2005-11-16 14:02 | 映画。