TSOTSI
b0046078_342768.jpg公式サイト
ストーリー:南アフリカ、ヨハネスブルクのスラム街に暮らすツォツィは、仲間とつるんで窃盗やカージャックを繰り返していた。ある日、高級住宅街にやってきた彼は車を運転していた女性を撃って逃走。やがて、強奪した車の後部座席に生後間もない赤ん坊がいることに気づいたツォツィは、赤ん坊を紙袋に入れて自分の部屋に連れ帰るが……。


なんつーか、胸の痛む話だったなぁ。
感動、号泣。
どうしようもない環境で生きてきた青年が、ある日小さな命を手にするんですよ。
どう考えたって面倒だし、扱い方もわかんないのに赤ちゃんをつれてきてしまう。
仲間に、周りの人間に見つからないように、こっそり面倒をみる。
わかりやすく愛情を注げる何かが欲しかったのかなぁと。
仲間が居たのに、彼はその仲間に心を開けず手放してしまう。だけど、小さな命を守ることを知って彼は変わり、仲間達が如何にかけがえのないものをくれていて、そして小さな命がその子の両親にとってどれほど大事だったのかを知ったんだと思います。
あの両親に返しにいくシーンは本当涙なくしては見れませんでした。
いい映画だったなぁ。

原作ではアパルトヘイトの続く街みたいでしたが、映画では現代設定になってます。
[PR]
by nichika-1958 | 2008-10-31 03:42 | 映画。
TRANSAMERICA
b0046078_18451840.jpg公式サイト
ストーリー:男性であることに違和感を持つブリーは、肉体的にも女性になるため最後の手術を控えていた。そんな“彼女”の前に、突然トピーという少年が出現。彼はブリーが男だったころに出来た息子であることが判明するが、女性になりたい“彼女”は彼を養父の元へ送り返そうとする……。

心は女性のブリーは、物凄く分かり易く、女性像に幻想を抱いている人ですね。全てがピンク!フリフリピンク!冷や汗が流れそうなほど、ピンク!女性と云うよりは少女って感じの印象でした。
そしてトビー青年。わー、何かムチムチしてて見た目やらしい子ですねー。と思ってたら、やっぱりそういうお仕事でお金を稼ぐ子なわけですね。あー、うん。すごい似合う。最初はそんなにかわいくないなぁと思ってたんだけど、年相応つーか、ブリーに対して好意を抱いてるあたりから段々かわいく見えました。そしてラストの金髪は似合わないっす。黒髪の方がかわいかった!
ブリーをナンパしたおさーんのシーンがすごく好き。本当、この人だったら、どんな過去でも受け入れてしまいそうと思える寛大さでした。
ブリーがいつか、彼の元に訪ねていったりすればいいのに、と本気で思った。
ブリーの家族も濃いよね。
個人的にパパが好き。いいキャラだ。分かりやすい成金趣味のママの服装が素直に怖かったです。あのサングラスはない。絶対無い。

しかし、リアルな映画でしたな。
かなり生々しく描いてあるよね、女性になりたい男性の姿ってヤツを。
そんな役をやったのは、メイシーの奥さんでもあるフェリシティ・ハフマン。いや、本気でどっちかわかんなかった。普通に男の人が演じてるのかと思ったくらいです。だって声とか実に絶妙な音程で・・。デスパレートな妻達の彼女は普通に美しかったです。ええ、アレがコレって!って言いたくなるくらい別人。やっぱり役者ってすげぇな。

ラストの終わらせ方がよかったなぁと思う。
ハッピーエンド。エバーアフター。そんな風じゃなくて、やっぱり問題はまだ抱えたままって感じだった。変な言い方すると、妙に地に足がついたエンディングだった。きっとこれからもケンカとかしつつ、歩み寄っていくんだろうなーって感じ。人生全てが明るいわけじゃないけど、お互いに前に進もうって雰囲気で終わったと思う。
さらっとしてるけど、印象深い映画です。


あなたと進みたい、新しい未来がある。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-05-10 22:27 | 映画。
SPIDER-MAN 3
b0046078_1651672.jpg公式サイト
ストーリー:かつて暴漢に襲われて亡くなったベンおじさん殺害の真犯人、フリント・マルコが刑務所から脱獄。その情報を知らされ激しい怒りに燃えるピーターは、メイおばさんの制止の言葉も聞かず犯人の行方を追う。



トビアス!!何で痩せてないの?!

二重あごが気になって気になって・・・。

ダンストは今回えらい痩せてましたね。歌へたかったなぁ。でもかわいかった。毎回人食いそうな恐ろしげヒロインだったのに、今回ちゃんと虐げられ系ヒロインしてましたね。
トファーが妙にむかつくんだよな。キャラもさることながら、あの顔がどうも嫌いみたいだ。何でだろー。
フランコは何か顔変わったよね。昔のギラギラ系の雰囲気がなりを潜めてて良くなったと思う。
しかし・・知ってたけど。知ってたけど!!かわいそ過ぎるよ、ハリー!!!やっぱ死ぬんだ。ピーターお前一言くらい謝れや。今回ハリーがものすごくいい子に戻るので、ピーターの性格の悪さがより一層浮き彫りになった気がします。あんなにズタボロのハリーにあの子爆弾投げたんですよ!!いくら黒ピーでもあれはひどい!!なんてことするの!!!

ヴェノムとサンドマンは文句なしに言い描かれ方してましたね。満足。ナイス、ライミ先生。
特にヴェノムのあの粘着系は想像の世界がそのまま映画になったって感じで。やっぱりコミック原作っていいなぁ。小説だと完全に個人の想像になるからそこら辺ばらつくもんなぁ。

今までの悲壮感漂う苦労系ヒーローのスパイディが今回やたらとテンション上げてましたね。アメコミのスパイディに近いイメージ。僕あれ嫌い!ってせりふにノックアウトされたのヲレだけではないはず。くそー、カワイイなぁ!!しかし、性格わるかったですね。笑い要素だったあの黒ピーはどんなに言い逃れしてもキモかった。トビーきもい!って言われないか心配。前髪下げても色男には程遠いトビーに涙を誘われそうでした。実際は笑ったけどな。
MJへの扱い方とかはまあいいんだけど、黒ピーでもなかったくせに、ピーのハリーへの態度が非常に悪かったのが本気で笑えたんですけど。なんて性格悪いのかしらあの子。だからヴェノムに気に入られちゃったんだ。あの暗黒面はもともとあった素質だと思うのはヲレだけかな。
あ、トビーの素質ってプランもありますが?w

ピーとハリーとMJのあのシーンはうをーアメコミー!!って感じでよかったです。
あと2VS2の戦いは面白かった。ハリーが飛ぶから余計に面白かった。
なんとなーく、4はもう作らない方がよくない?と思う。
トビー以外のスパイディって今のところ見たくないし、だけどトビーはもう厳しいと思う。
だって、あの子のアップにはCGかけてあげて!!修正してあげて!!と思ったし・・・。ぶっちゃけ年齢的に厳しいだろう。肌とかが。顔はいいんだよ、全然大学生とかで通るんだけどさ。今回本当に無理かもと思った。いや、もう少し痩せたらいいんでないかとは思ったけどさ。やっぱ2重あごはダメだよ、トビー。


自分の影にとらわれる。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-05-05 23:39 | 映画。
EVENT HORIZON
b0046078_17541640.jpgストーリー:西暦2047年。調査救助船“ルイス&クラーク”号が海王星への極秘任務に飛び立った。その目的は7年前に海王星で消息を絶った超深度宇宙探査船イベント・ホライゾン号の救助であった。実はイベント・ホライゾンには重力制御による新航法システムが取り入れられており、今回の作戦に特別参加したウェアー博士はそのシステムの開発者だった。やがて海王星でイベント・ホライゾンの姿を捕えた一行は船内に侵入するが、同時にクルーが幻覚や幻聴に苛まれるようになっていた。ウェアーもまた家庭を顧みないために自害した妻の幻影を目にする。やがてクルーの一人が小型のブラックホールを生み出すという重力制御装置のコアに取り込まれるという事態が発生。そして船内の異変は加速度的に増していく。いったいイベント・ホライゾンに何が起きたのか? そしてブラックホールを抜けたこの船は7年間どこにいたのか? 謎が深まる中、何かに取り憑かれたウェアーは“ルイス&クラーク”号に爆弾を仕掛けるのだった……。

会社の同僚にかりました。
なんつーか、マイナーなんだけど妙に面白かったです。
SFってけっこう食わず嫌いで、あんまり見てないんですけどね。
最初から何か妖怪系?って感じだったんですけど、目に見えない乗っ取り型でしたね。イベントホライズン内での狂気の宴映像がもうちょいほしかった。

個人的にあの一度飛ばされ、舞い戻ってきた黒人さんが好きです。かなりイイキャラ。全体的にシリアスで殺伐としてんだけど、彼が出ると一挙にコメディ。
ウェアー博士は出たときから何かいけすかんなぁと思ってたんだけど、なるほどでした。マッドサイエンティストですね。どんだけ鼻がきくんだ。
あの重力制御装置のブラックホールの描き方がよかった。何か変な液体っぽい感じ。しかし、毎回地獄に行き着くって嘘です。ブラックホールって行き着く場所毎回一緒ってはずないですよね。もしかして、宇宙の果てって場所が全部地獄なんですか?
しかし、やたらと人間臭い地獄ですよね。やることが・・・。
とまぁ突っ込みどころもあるこたありますが、全体的にドキハラできてたのしかったです。

地獄の門を開く



1997年 アメリカ
監督: ポール・アンダーソン
製作: ローレンス・ゴードン ロイド・レヴィン ジェレミー・ボルト
脚本: フィリップ・アイズナー
撮影: エイドリアン・ビドル
音楽: マイケル・ケイメン
出演: ローレンス・フィッシュバーン サム・ニール キャスリーン・クインラン ジョエリー・リチャードソン リチャード・T・ジョーンズ ジャック・ノーズワージー ショーン・パートウィー ジェイソン・アイザックス
[PR]
by nichika-1958 | 2007-05-03 17:54 | 映画。
BABEL
b0046078_18463037.jpg公式サイト
ストーリー:モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャードとスーザンが、突然何者かによって銃撃を受け、妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じながら、孤独な日々を過ごしていた……。



菊池凛子の全裸に度肝を抜かれた。
マジびびった!
親しみの湧く体型でしたね。(失礼だから)

えーっとピッコが年取って見えましたね。髪の色のせいだと思いますが。
ちょっと傲慢で融通のきかないパパさんです。
んでピッコの奥さん役にケイト!美しい!どんな状態でも美しい!!
放尿しながら愛を確めるシーンは実に真剣なシーンなのに、一瞬我に返ってしまって笑った。
笑うところじゃないんだけど、字面にすると無性に笑える。
いや物凄くいいシーンでした。
でモロッコ編の兄弟。弟くんが1人でシコシコしてたシーンは映画館が一体化した気がします。皆で気まずい思いをした気がします。だって少年の1人シコシコシーンとか・・じどうぽるの?(違うから!)ずるく生きてしまうのは仕方ないとは思うけど、やっぱり失くさないと気付けないってのが切ないね。基本、ここの事件が中核になってきます。

でメキコ!メキコ!いえメキシコ!
ガエルがカワウイー!!随分骨太な役をやるようになったんだなぁと。好青年のいい子ちゃん的役が多かったのに、今回は初っ端から胡散臭い雰囲気ぷんぷんのガエルたん。
想像通りのキャラでしたが、あの子があの後どうなったのかが知りたい。
そしてお子様2人!可愛い!!そら鳥の首もいだのショックだよな。俺もショックだった。や・・野蛮だ・・とか思っちゃうのは違うかもしれないけど。おばさんが本当に子供たちを愛してるのは分かるから、この話が一番切なかった。だって、突発事項があったとはいえ、前日にはお休みくれるって言ってたのに!酷いよピッコ!そのせいで人生がボロボロだよ!彼女をタイーホした人ってあの人ですよね?クラッシュの。魔法の服でパパを守ろうとした子の話のパパですよね??
思わずあー!!とか言ってたし。

日本の話は見事に変なところのない日本の話でしたね。
孤独を抱えた少女が攻撃的に生きているって感じで、普通の高校生がああいうものなのか分からないのでなんとも・・・。でも日本のニュースでモロッコの話が出てたりと、リンクの仕方が細かい!すげぇ!!と思わず感心しました。
もっとじっくり見たら、もっと気付くこと多いはず。小技のきいている映画だ。
時系列はちょっとずれてるけど、分かりやすかった。まぁこの監督はこんなんばっかだしな。
全体的に切ないって感じた映画。


満たされない想い。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-05-02 18:46 | 映画。
前記事
b0046078_17553149.jpg
はぁー、ジョニがおキレイでしたー。
ついでに言うと素敵にチラリズムが多いのでたまりません。(変態か)
[PR]
by nichika-1958 | 2007-05-01 17:57 | 映画。
DEVOUR
b0046078_1756760.jpgストーリー:友人からインターネット・ゲーム"The Pathway"を薦められたジェイク。しかし、その映像を見たあとに恐ろしい映像が脳裏をよぎるようになり、やがてそれは現実となってしまった。周囲の人々が次々と惨殺され、不気味な謎の生き物を目撃するジェイク。それが現実なのか幻覚なのか判断できないジェイクは…。



最初に断っときます。クソ映画です。
じゃぁなんで見たの?って、もちろんジェンセンだからだー!!
大学生のジェイクたん。ちょっと好青年チックなジェイクたん。キラキラです。もう、主演っていいなぁーと涙出てきました。いつ見てもジェンセン。めくってもめくってもジェンセンって気分。幸せ。

まぁ悪魔とか何だとか絡んでね、出てくる悪魔のフォルムも何なのよ、ソレ。エイリアン?って感じで微妙極まりないし、脚本も妙にちゃちーの。でも1シーン見逃せないシーンが。
ジェイクたんが女の子に乗っかられて犯されちゃうシーン。(注:妄想ではありません。誇張表現でもありません。事実です)自分が変態だなぁと実感した瞬間でした。つか、監督ゲイじゃね?と思ったくらいサービスシーンでした。グッジョブ、監督!もうアソコだけでご飯3杯はかたい。
で話は進んで、友達は死に尽くし、確信に迫ります。
ってちょwwおまwwwwwホワイトじゃねぇか!!
ダークエンジェルのホワイトさんが悪い子ちゃんでした。笑った。そこで十分落ちた気がした。もうそれでいいんじゃないかと本気で思った。
でもホワイトさんさっさと死にます。クソクソ変態で、しかもあっさり死ぬって・・どうなのその役。
で、最終的に総本山登場。ネタもベタなネタを持ってきますが、ジェンが非常にかわいそうになるラストでしたね。
変態になっちゃった☆ってかんじでうっかり警察に連衡される、すんごい非現実的なのにメチャ現実的なラストを迎えてました。
・・・ある意味面白かったな。
ホラーとはとても思えない映画でしたけど。
うーん、個人的にはジェンがエロいのでポルノです。分類ポルノ。ヲレ限定。
どこまで変態としての自分を晒すんだ、自分。


悪魔か人間か。

2005年 アメリカ
監督 デヴィッド・ウィンクラー
製作総指揮 ロブ・コーワン 、ニール・H・モリッツ
音楽 ジョセフ・ロドゥカ
出演 ジェンセン・アクレス 、シャニン・ソサモン 、マーティン・カミンズ 、ドミニク・スウェイン 、ウィリアム・サドラー 、ロブ・スチュワート
[PR]
by nichika-1958 | 2007-04-29 17:56 | 映画。
Excess Baggage
b0046078_15162638.jpgストーリー:偽装誘拐事件を企んだ金持ち娘とひょんなことから巻き込まれたお人好しの車泥棒が、警察だけならいざ知らず、怖い叔父さんからCIAの殺し屋まで巻き込んでの逃避行。いつしか二人は恋に落ちるが…。





ベニシオやべぇ。すげぇわけぇ!!細い!!すげぇ細い!!変だ!www
なんかアイドル映画的な話なんだけど、結構面白かった。
お嬢様がぱぱんの愛を確めたくて偽装誘拐事件を起こすんだけど、うっかり自分でトランクに入った車を泥棒される。んで、事件も悪化するし、泥棒の方も妙な小娘抱えてウンザリ的な・・・。
小娘のおじさんとしてウォーケンさまがいらっしゃったんですけど・・・何か若い。そして相変わらず青白くてキモイ。さすがだ!危ないおじさんを演じていらっさいました。

ベタに最終的に2人は恋に落ちて、円満解決ー、娘はやっとパパの愛情を欲しがる子供から抜け出しました!って感じ。もうストーリーはベタベタで特に面白みもなかった。
面白かったのは、割りとワイルドなお嬢とヘタレな車泥棒。ベニシオってヘタレも物凄く似合うよね。ヒョロイ分余計に似合ってた。

暇つぶし程度にはなると思うけど・・・。

1997年 アメリカ
監督 マルコ・ブランビヤ
脚本 マックス・D・アダムス
音楽 ジョン・ルーリー
出演 アリシア・シルヴァーストーン 、ベニチオ・デル・トロ 、ジャック・トンプソン 、クリストファー・ウォーケン 、ハリー・コニック・Jr 、リーランド・オーサー 、ロバート・ウィズデン 、ニコラス・タートゥーロ 、マイケル・ボーウェン
[PR]
by nichika-1958 | 2007-04-26 15:16 | 映画。
RED DRAGON
b0046078_1721938.jpg公式サイト
ストーリー:FBI捜査官ウィル・グレアムは、連続殺人の捜査のため、精神科医のハンニバル・レクター博士に助言を受けていた。だが、偶然目にしたものからレクターが犯人であると判明、苦闘の末に逮捕する。しかし、これが影響して精神的疲労が募り、現役を引退。今は家族とフロリダで静かに暮らしていた。そんな彼のもとをある日、元上司のジャック・クロフォードが訪れる。彼はウィルに、最近起きた二家族惨殺事件の捜査協力を願い出た。一度は断るウィルだったが、殺された家族の状況を知るうち捜査に加わるようになる。それでもなかなか犯人像を割り出せないウィルは、やむなく拘禁中のレクターのもとへ意見を聞きに出向くのだが…。


羊たちの沈黙も見てないのに何みてんのよ。
はい、レクターじぃちゃんシリーズ初めて見ます!何でコレを選んだかっていうと、ノートンさんだったから。びくびくしてるノートンさんは非常にかわいらしいです。
この話の後、羊たちにつながるのかな?
レクターとお友達してたウィルって十分変態!と思いつつワクワクしてみてました。
面白い!これは本当に面白かった。
でも、ぶっちゃけナルシズム全開のドラゴンたんがキモス。いろんな意味で見たくないシーンも盛りだくさん。グロイの平気だけど、狂気を見せられるとマジチキン肌になります。怖いこわーい。
フィリップシーモアホフマン演じる記者さんがかわいそうです。本気でむごたらしいです。最後にしたキスが変態なオスとって!(そこかよ!!)しかもベロ噛み千切られちゃうし。あそこでショック死してたほうが幸せだよね。
心理戦も面白かったけど、あのどんでん返しと言うのには弱い落ちがけっこう好き。
想像の範疇だったけど、アクションつーの?あれが最後に満足感を与えてくれる。だってあんまりないから。

ぜひともライジングも見たいけど、多分映画館には行かないな。DVD出るのを待ちます。それまでにはシリーズ全部みれるかな?


逃れられない恐怖。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-04-22 17:30 | 映画。
RAISING HELEN
b0046078_141799.jpg公式サイト
ストーリー:NYのモデル・エージェンシーで働く敏腕エージェントのヘレンは、ある日姉夫婦が交通事故で他界し、残された3人の子供を彼女が引き取るハメに。それまでの気ままな生活は一変、生意気な子供たちを相手に悪戦苦闘の日々が始まる。



ケイト・ハドソンって魚顔。
妙に平面的ですね。かわいいけど、アングルによってはかわいくない。
でも洋服がすっごくかわいかった!気合入ってないバージョンの服装。すげぇカワイイ!
相手役のジョン・コーベットはコレ系ばっかりですね。素敵なハンサムでやさしいくチャーミングな理想の男ってかんじなんでしょうか?ぶっちゃけ男としての魅力を全く感じません。
あれだ、やさしいだけの男なんてつまんないわ!って感じです。
そのせいか、マイファットと一緒で妙にラブ色が弱い。
ラブ・コメディではなく、ハートフル・コメディって感じですね。ファミリーとしての方が主で、面白かった。
もっとしょぼいの想像してたけど、十分楽しめました。
いきなりバリキャリ女が3人の子持ちって・・絶対無理だけど、愛があればオールおっけ!ラブイズオーケィなのりの話です。でも、ちゃんと子供達1人1人を丁寧に描いてあって、ものすごく質のいい映画だったと思います。
しかしあのパーティのケーキはさすがアメリカですね。
あんなの出されたら卒倒するな。口に入れたくない。
ママになるのも悪くない、って思える映画だからうっかり妊娠した人とかに見せてやりたい。ぜひとも。つーか見ろ。


私らしいママになる。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-04-14 14:11 | 映画。