タグ:戦争・政治 ( 13 ) タグの人気記事

BODY OF LIES
b0046078_131544.jpg公式サイト
ストーリー:ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリスは組織に潜入しようと試みる。そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマンらの協力が必要だった。味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており……。

リドリー、あんたも好きねぇ。
レオがただのヒゲの欧米人な映画。
つかつか、解説に「今注目の美少女3人を大特集! お正月映画ガイド2009
CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。」とか書いてあった。
え、レオって普通にただのCIAだったよ?なにその裏設定。
まぁ原作ありきなので仕方ないか。しかし、サスペンス?サスペンスなのか、コレ?
ラッシーがレオの上司っつーか相棒っツーかね。お互い全然信用してないけど。
てか、あんなに失敗しまくって大丈夫なの?と言うくらい、息の合ってない2人がヨルダンで大暴れしてました。
結局ハニの手のひらの上って落ちですか。そーですか。何枚上手なんですか、あの人。
ハニ演じてた人どっかで見たことあると思ってたら、リボルバーのソーターだったwwwどうりでwwwこの間みたし。
ラッシーもただのふとった欧米人みたいですた。レオにやせろよ!とか言って蹴られてたし。何じゃれてんだか、って感じでしたが。
言うほど嘘ってヤツがキラリと光ることもなかったんですが、最後であー、納得って感じでしたね。
CMで見てたのとはちょっとイメージ違ったけど、細かく丁寧に仕上げてあるんじゃなかろーかと思います。
全編とおして、ラッシーが感じ悪いです。
CIAとかの映画みて毎回思うんですけど、技術はめちゃめちゃ進歩してんのね、と。そして頭良くないと無理だね、スパイって。しかもただ頭がいいんじゃなくて、回転がとことん速くないと無理だと。
ただのヒゲの欧米人のオサーンがとてもかっこよく見えました。
しっかし、あんだけ皆感じ悪いのに(劇中ふぁっくふぁっく言ってましたよ)殴り合いにならないなんて、頭のいい人は心も広いんだね。なんて思ってもない事書いてみました。きっと普通に怒って殴ってくる人よりおっそろしいすわ。一般人からしたら。
バケモノ集団だね、本当。
素直に、面白かった!と思いました。うん。かなり満足。
大味になってんじゃなかろーかと思ってたんですが、そんな事もなく。
かと言って、マニア受けを狙ったのか?と言うほど小難しくなる事もなく。
社会派映画なんだけど、非常にわかりやすかったんじゃないかと思います。
いやー、コレは脚本の力かしら、監督のお力かしら。やっぱり、リドリーはすんごいですね。


総てを疑え。
[PR]
by nichika-1958 | 2009-01-08 01:05 | 映画。
FLYBOYS
b0046078_1955842.jpg公式サイト
ストーリー: 第一次世界大戦下の1916年。農場を差し押さえられ、州外への退去を余儀なくされたローリングスは、フランスのラファイエット戦闘機隊に参加することに。そこで同じくアメリカからやって来た仲間たちと出会った彼は、司令官のセノール大佐の下、パイロットとしてのトレーニングを受ける。

ww1、フランスのマスコットであったライオンが出てきたのに笑った。
フランコはあんまり好きじゃないんだけど、それプラスジャン・レノってすんごいキャスティングだなぁ。
つうかね、空中戦がマジすごいの。興奮してスポーツ観戦中並に歓声が出た。
どこまでが史実なのかはわかんないけど、かなり面白かったです。
あの最初人種差別してたデブが改心して秘蔵の酒を彼と飲むシーンはすんごいイイシーンだと思う。「命を助けたからか?」に「俺が嫌な奴だったからさ」と(台詞全然違うけど)答えたのは本当心底考え方を変えたんだなと。
しかし、あのブラックイーグルを撃つシーン、紅の豚を思い出したんですが・・・。
あたっちゃうもんなのね。


夢ではなく、希望ではなく、仲間の為に僕らは飛んだ。
[PR]
by nichika-1958 | 2008-08-07 19:10 | 映画。
THE LAST KING OF SCOTLAND
b0046078_21111741.jpg公式サイト
ストーリー:1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラスは、診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領の演説を聞きに行った帰り道で、偶然にも大統領の捻挫の治療をすることになる。大統領から気に入られたニコラスは、アミン一家の主治医になるが……。



正直、エグイなーと。
もう、見ててつらい。つらいし痛いし。
ニコラスは若さ故に彼という存在に惹かれてしまったんじゃないかなぁと思います。
普通に恐ろしいはアミン。
つーか、こらアカデミーに出てくるっつーか、掻っ攫うわ、ってくらいのすんげぇリアルな演技でしたね。
役者の精神って強いんだな。あんなの演じてたら普通に凹むわ。
映画だ、フィクションだと分かってても恐ろしかったです。
バリバリの社会派映画なので、あんまりオススメはしないかなぁ。


全ては自分で招いた事だった。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-15 21:11 | 映画。
ALL THE KING'S MEN
b0046078_18355694.jpg
ストーリー:のちに時の大統領から“最も危険な男”と言われた、叩き上げの政治家ウィリー・スタークは、不正糾弾を契機として州知事への当選を見事果たす。しかし、やがて彼自身も汚職やわいろなどに手を染め始める。そんな彼を、まったく異なる背景と理想を持つジャーナリストのジャック・バーデンが追う。


見るのためらったんだよね。
だってショーン・ペンとジュード。うわー、をれ的に楽しめないコンビだなぁと。
何がどうってわけでもないんだけど、この人たちそれぞれ、微妙な印象なんだよな。
美しいジャーナリストとか言われてたしwww美しいんだ、まだ。ハゲあがってきてるけどなぁ。彼見ると髪の毛って女性ホルモンなんだなぁと思う。だってほかの毛ボーボーだもんねぇ。って何の話をしてるんだ。
えーっと政治家の話なので、ぶっちゃけものすごい事件とか無いと楽しめないと思うんだよね。無いんだよ。ぜんぜん。
なんつーの、こうダラダラと理想に燃えていた男が堕落していくさまを見続けさせられたって感じ?
で、ジャーナリストの青年は、最初はなんか裏のありそ気なタイプなんだけど、彼こそ理想を追い続けてた純粋な男だったんだなと。
父ちゃんのシーンがかわいくて好き。シャンデリアにガツンしてキャッキャッと世転んでたのがすげぇかわいい。
人間って権力もつとだめになるって典型でしたな。
途中何度寝そうになった事か。
実に忍耐力の要る映画でした。好きな人は好きなんだろうけど、をれは無理だった。


世界が変わるのではない。人が変わるのだ。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-11-25 18:35 | 映画。
Schindler's List
b0046078_1671213.jpg公式サイト
ストーリー:ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが……。





何回目でしょうか。何回見ても毎回色々考えさせられる映画です。
なんか、コレジュラシックパーク取るのを条件に監督決まったらしいですけど・・・。
小説が元だから事実とはちょっと違うんだけど、大雑把に本当らしいです。
シンドラーが最初っから善意の人ではないのが、なんかリアルですよね。
最初はあの会計してたおじぃが勝手にやってた事で、段々と現実を見て感化されていくって感じなんでしょうが・・でもドイツ人であったシンドラーは、ナチの考え方と違って、ユダヤ人を人間じゃないなんて思ってなかったのも事実だと思います。
人間じゃないと思わないとあんな事はできないでしょうけど、だからこそ狂ってたんだろうな。集団ヒステリーみたいなもんでしょうか?
ナチだけじゃなくて、ジェノサイドはけっこう世界中で沢山ありますけど、ナチほど大量に人を子としたのはないからこれほど有名なんですよね。次が、ルワンダだっけ?あのホテルルワンダのヤツです。
頭がよくて、お金もあって、度胸もあったけど、それプラスがないと出来ないことだったと思う。
あの工場から車で立ち去る前の、後何人救えたかもしれないと嘆くシーンが何度見ても泣けます。助けたいと言う明確な意思じゃなかったのかもしれない。間違っていると正面切って闘ったわけでもない。ただ、自分が守れる範囲のものを守りたかっただけ。オスカー・シンドラーはその懐が人より大きかった人だったんだろうと思います。
たった一人の人間でもできる事があるって思わせてくれる映画です。


沢山の未来を別けた、たった数枚の紙があった。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-10-29 16:07 | 映画。
Saving Private Ryan
b0046078_16362911.jpg公式サイト(英語)
ストーリー:1944年6月。ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた。そんな中、オマハビーチでの攻防を生き延びたミラー大尉に、落下傘兵ライアン二等兵を戦場から救出せよという命令が下された。彼には3人の兄がいたが、全員が死亡。兄弟全てを戦死させる訳に行かないと考えた軍上層部の決定であった。ミラーは中隊から7人の兵士を選び出し、生死も定かでないライアン二等兵を探すために戦場へと出発するのだが……。


最初の20分の上陸のシーンが映画史に残るといわれるのに納得。
ありゃマジですげぇ。戦争経験者が「コレでニオイがあれば本当の戦場だ」って言ったとか・・。
グロダメな人には耐えられない、実に生々しいグロさでした。内臓出てるとか足吹っ飛ぶとか胴体ちぎれるとか全然カワイイ。何がグロイって海岸の波打ち際が血で染まってるって所。寄せては返す波が赤い。あれはグロ以外の何者でもない。戦争でおかしくなるってあくまで想像の範囲で理解してるつもりだったけど、ぬるかった。まさか最初の20分で泣くとは思わなかったッス。マジで。
やっぱり難点は言われてるドイツ軍についてかなぁ。見分けつかねぇ。軍服とかちゃんとチェックしてないとマジでわかんない。ぶっちゃけ、アバムが最後に殺した男はメリッシュを殺した男かと思ったもん。よくよく見たら服違って、あの男は「ファックヒトラー」と言って逃がしたあの男だったのが分かったけど。普通に軍服とか見てられるような映画でもないんだから、そこら辺分かりやすくしてくれればよかったのに。
この映画、モデルとなった話はあるものの実話ではないそうです。
実話より生いから十分だ。
随所にスピルバーグのこだわりが見える映画でしたね。この後にバンドオブブラザーズを作るんだよね?あれもちょっと見てみたいと思いました。コレ見て。
何で今まで見てなかったのが自分でも不思議です。
これは、見ておくべき映画の一つだと思う。
ライアンが価値ある人間でないと、と言った気持ちも分かる。戦争してんのに、何でたった一人の為にこんな危険なことをって思うし。だって危険に挑む彼らにだって家族がいるんだし。見ず知らずの人間を助ける為に部下を仲間を犠牲にしなければいけないって納得できないよな。
で、ライアンは価値がある青年だったのか?少なくとも仲間を捨てるような腑抜けではなかったわけです。おかげで、わざわざ来た彼らはえらい迷惑だったんかもしらんけど。
ライアンがここに来るまでに2人死んでんだ!と言われて、彼らの名前を聞くシーンで、個人的には来た価値あったんじゃん?と思いました。真っ当で素直な子だったんだから。クソみたいな男じゃないだけマシだったと思うんですよね。だから、残ると言った彼に付き合い最後まで闘ったんだと思う。
戦争は沢山の奇跡を内包してるけど、やっぱりどんな奇跡が起こったって報えないほどの悲劇があるもの。最後の方で、放心するミラー大尉とその後で映る膝を抱えて泣くライアンの映像が焼きついてます。
けっこう、そうそうたるメンバーだったけど、役者に目線がいかなかったのは、ヤッパリ完全にストーリーに飲まれてたからだろうな。
アバムには何度もつっこんだけど。行けよ!行って助けろよ!このヘタレ!!と。戦場にいる覚悟が足りないと言うよりは、現実が許容量オーバーだったんだと思う。


知られざる戦いがあった。知られざる、命があった。


1998年 アメリカ
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ロバート・ロダット 、フランク・ダラボン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 マット・デイモン 、トム・ハンクス 、トム・サイズモア 、エドワード・バーンズ 、バリー・ペッパー 、アダム・ゴールドバーグ 、ヴィン・ディーゼル 、ジョヴァンニ・リビシ 、ジェレミー・デイヴィス 、テッド・ダンソン 、デニス・ファリナ 、ポール・ジアマッティ 、デイル・ダイ 、ハリソン・ヤング 、シェーン・ジョンソン 、リーランド・オーサー 、マクシミリアン・マーティーニ 、ネイサン・フィリオン 、ディラン・ブルーノ
[PR]
by nichika-1958 | 2007-10-24 16:38 | 映画。
JOYEUX NOEL
b0046078_1324540.jpg公式サイト
ストーリー:第1次世界大戦下、フランス北部の最前線デルソーで、敵対するフランス・スコットランド連合軍とドイツ軍兵士たちはクリスマスを迎えることになった。そんな中、ソプラノ歌手アナと彼女の夫でドイツ軍兵士のテノール歌手ニコラウスは、塹壕で聖歌を披露するのだが……。


クリスマスのちょっといい話。
これが実話だってんだから、嬉しい。ニンゲンってやっぱキレイだわ。
ヒューマニティを持ち込めば、自らの首を絞めるのが戦争だと思う。
根本的に戦争ってものが過ちだなと思わせる映画でした。
小さい頃からドイツ人は悪魔だから根絶やしにしないとダメだ。とかイギリス人は鬼畜だ。とか教育されればそう思うよな。どこの国でも一緒。戦争中は敵国を悪魔とおもわなければいけない。そうしないと、同じニンゲンを無差別に殺す事はできないだろうし。人間性を押し殺して、人は戦争に行くんだと思った。
其々を描いてるんだけど、上手く纏まってた。
ドイツ軍はダニエル・ブリュール演じるちょっとお堅い、見るからにドイツの軍人、ホルストマイヤー中尉とテノール歌手のニコラウス・シュプリンクとその妻、アナ。ニコラウスは戦争と言うものに疑問を抱いて前線に居る兵士。アナは彼の身と心を案じている。
スコットランド軍はパーマー司祭が中心。彼の教区に居た若い兄弟もキーパーソンではある。彼は司祭として、人として、戦争を憂えながらも若者達を救いたいと前線に居る。
フランス軍はオードベール中尉。ビビリの小心者的印象がありますが、繊細な人なんだろうなと。愛する妻は、別れたときには子供を身ごもっていた。既に生まれているだろうが、彼女からの便りが途切れ常にその事を案じている。生きて帰りたいと強く願いながら、それがいかに難しいかをよく知っている為常に葛藤している。
最前線のノーマンズランド。クリスマスの夜、そこにスコットランド軍のバグパイプが響き渡る。
ドイツ軍では大量のクリスマスツリーの差し入れがあったが、兵士達の心は慰められなかった。
一方ニコラウスはアナの提案で司令部に呼び寄せられ、その場での御前演奏を命じられる。歌い終えた彼は、前線の兵士達にこそ歌いたいと願い、アナは彼と離れる事を憂い自分もついていくという。
こうして、前線にニコラウスの歌声が響き渡った。その歌声を聴き、スコットランド軍はバグパイプを共に奏でる。ノーマンズランドに響き渡る聖しこの夜。ニコラウスは歌いながら、ツリーを掴み、ノーマンズランドへと出て行く。
クリスマスの夜にこんな場所にいる全ての兵を慰める為に。
ドイツ兵たちは次々に塹壕の上にツリーを出し、スコットランド兵も塹壕から出てきて演奏をする。フランス兵たちはシャンパンを片手にそれを眺めていた。
其々の上官が集まり、今日だけは、と話し合う。
最初は恐る恐る、やがて和気藹々とそこここで盛り上がる兵士達。スコットランド軍の司祭が臨時のミサを開き、宗派が違うものも神を信じないものもそのミサに出席した。
アナのアベマリアが響き、それぞれの想いを胸に抱いてミサが終了。名残惜しく塹壕へ戻る兵士達。
今夜だけの奇跡だったと思いながら。
だが、奇跡は1日だけでは終わらなかった。翌日、ホルストマイヤー中尉の提案てノーマンズランドに倒れた兵士達を埋葬する事になる。そこはまた敵味方入り乱れた場所になった。
それぞれがこれでお終いにしなければと思いつつ、親交を深めていく。
心を近づければ近づけるほど、お互いが敵であるという事実が彼らを苦しめる。
其々の塹壕へ帰った後も兵士達の心は複雑だった。そして、一発の銃声がその奇跡を終わらせてしまった。
オードベール中尉付きの兵士が撃たれた。彼はドイツ兵の手引きで、ドイツ軍の後ろに広がる農場を抜け、母親に会いに行っていた。そして、彼はオードベールがずっと気にしていた妻の様子と子供の名前を携えて帰ってきていたのだ。彼はドイツ兵の制服を纏っていたために撃たれた。撃ったのはスコットランド兵だった。
やがて、それぞれの軍であの日の奇跡がバレ、そこに居た全ての兵士は其々別の場所へと送られてしまう。それぞれの最前線へ。だが、誰もがあの日の奇跡を恥じてはいなかった。

印象的だったのはスコットランド軍の司祭さま。最後に彼は信仰を捨ててしまうんです。
自分のやったミサは神のお導きだったと信じている。だけど、戦争が信仰さえもゆがめてしまっている現実に絶望したんだと思う。
それぞれの手紙がとても印象的だった。敵軍の兵士と友達になった。きっといつか一緒に酒を飲もうと約束した。そんなことが綴られている手紙。
彼らのうちで再び生きてめぐり合えた人間が居ただろうか?
悲しくて美しい、すごくいい映画でした。



神様がくれた、奇跡のクリスマス。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-09-06 13:24 | 映画。
SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE
b0046078_13585080.jpg公式サイト
ストーリー:1943年、反政府組織「白バラ」のメンバーであるゾフィーは、兄とともに大学構内で反戦ビラを配っていたところを逮捕される。厳しい尋問に屈せず信念を貫く彼女に、尋問官モーアはある取引を提案するが……。



何が彼女を強くさせたのか。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-07-11 13:57 | 映画。
Der Untergang
b0046078_1073787.jpg公式ブログ
ストーリー:1945年4月20日、ベルリン。ソ連軍の砲火を避けるために、ヒトラーはドイツ首相官邸の地下要塞に退却していた。すでに正常な感覚を失っていたヒトラーは部下に実現不可能と思える作戦を熱く語っていた。

そこにあったのは、狂気と悲しみだった。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-07-10 10:08 | 映画。
LETTERS FROM IWO JIMA
b0046078_935127.jpg公式サイト
ストーリー:戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道が、本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し、西郷ら部下に対する理不尽な体罰も戒めるなど、作戦の近代化に着手する。



にのみー演技うまくなってますね。
むかーし彼がドラマに出てるのを見たんですけど、微妙だなぁと思ってたはず・・・。
びっくりした。
そして、これはやっぱり父親達の星条旗とセットなんだなぁと。
そういう意味で面白かった。
あっちで謎なシーンがコッチでああ、ここ!って分かるのが楽しかった。
すっごい重たい話だけど、にのみーのキャラが引っ張っていくので、むちゃくちゃクソ重たーって感じにならなかった。
しかし、あの時代にあんな風に考えられる人間があんなに居たのかなぁ?
やっぱり、世界を知っている人達は別なんだろうね。クリーとか。
んで、西郷君は前衛的な考え方する子だったんだろう。つかいくつの設定なんだ、あのにのみー。結婚してたあの過去の映像がおかしかった。似あわねぇ!つか、何か男として妙に貧弱に見える・・・。周りがゴツすぎ?
やっぱり、日本人だからか、コッチの映画の方が理解できた気がする。
つか、久しぶりに日本語の映画を見たので、最初上手く日本語が聞き取れなかった・・・。

いつか届くと信じたかった。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-06-30 17:51 | 映画。