b0046078_1904715.jpg

白いの。
外車らしいけど、どこ産だ。

何でもいいけど、レトロでかわいい。
[PR]
# by nichika-1958 | 2010-04-12 19:00 | 未分類
就活中のnichikaです。
どーにも腰が落ち着かない。1個の所でのんびりやりたいものです。
かくなる上はハケンか。
とか思いつつ、今日も履歴書を郵送してまいります。


どうでもいいけど、友達へのプレゼントをやっと渡せた。
クリスマスのwwww
3月に誕生日でもあったのでまとめて渡せてよかったです。
ちなみにバブリー時代に大活躍だったティフ○ニーのオープンハートをお誕生日に上げました。
ちょっと自分の性別を省みたりもしましたが、まぁプラチナだしシンプルだしもらっても困りはしないよなと。恐縮されっぱで果たして喜んでもらえたのか?って感じでしたが。
金に困ったら売ってくれと言っときました。
いや、あのネックレス出回り過ぎてて価値低いだろうけどww
仕入れ値は恐ろしくて口にできません。
人にプレゼントする金額じゃないなと。


安すぎて。





3か月ぶりに会った友人は後ろめたい事してたから会えなかったそうですが、一皮むけたらしいのでよかったです。
ヲレもそろそろ一皮むきたいです。

そんな今日この頃。
[PR]
# by nichika-1958 | 2010-04-08 02:00 | 日々。

でも、こんな豪快な遊びはしないなぁ。




まるさんは多分世界的に有名なんじゃないかと。
箱に飛び込む猫として。
DVDも本も出ております。
スライディングした時の下半身が魅力的すぎます。
そんなまるさんのHPはコチラ

我が家のバカ2匹はドジなところは負けてない。
うん。間違いなく。


そんな今日この頃。
[PR]
# by nichika-1958 | 2010-04-01 17:00 | 日々。
ジェンセンのIMDb見ててなんぞこれ?って調べたら変な短編出てきた。

The Plight of Clownana

実にバカっぽいクラウンナナというピエロ(クラウン)+バナナの着ぐるみの話。
向かいの通りに○ンコの着ぐるみが登場してライバル心を燃やすバナナ。
やつはマジすげぇぜ!ってなってたら、ハリウッドあたりから出てきたような若造どもに何かぶつけられるんですよ。切れたバナナが追っかけてぼころうとしたら返り討ちにあいます。
集団にボコられてたら、向かいの○ンコマンが登場。逆にやり返して2人には友情が芽生えた。
みたいな終わり。

制作にかかわっているぽい。つか、プロデューサー?
話にもチラっと出てます。最終的にぼこられた若造どもの1人。
たぶん緑の帽子がジェン。


凄く暇で、パソコンのキーボードの隙間の埃をクリップ伸ばした奴とかでとったりするぐらい暇な時に見ることをお勧めします。
[PR]
# by nichika-1958 | 2010-03-28 03:16 | 俳優とか。
単なるメモなので、お気になさらず。


MILK
ガス・ヴァン・サント作品なので取りあえず。
ショーン・ペンしか出演者知らなかったけど、見てΣ(・∀・;)。
フランコじゃん!と思ったら、ディエゴまで居た(゚д゚)!
フランコはなんか若いころのアクがとれて、いい感じになりましたね。
ディエゴがやたら可愛いくてウザキャラでしたww


バーン・アフター・リーディング
力いっぱいバカ映画ですね。途方もなくバカバカしくて面白かったです。
タラちゃんらしい映画になってました。
しかしキャスト豪華だし、贅沢な映画だなぁと思った。


シャーロック・ホームズ
続編作る気満々ですね。むしろ作んないと、どんだけ尻すぼみじゃい!つー話になります。
なんつーか、雰囲気はあれに似てた。ダヴィンチ・コード。
推理小説ってドラマ向きだよね、と思った。どうしたって地味になるしねぇ。
その分を有り余るアクションでカバーしてたので、個人的には凄く面白かったけど、一緒に見に行ったマミーは横で寝てましたww
取りあえず素直に一緒に居たいと言えないホームズとワトソンに、お前ら中学生日記か!と多少イライラしました。ホームズのワトソンの婚約者に対する嫌がらせが実に子供じみてて笑えます。


キャデラック・レコード
ノマンが出てるので見ました。ブロディ映画。
ドリーム・ガールズとかあれ系ですが、名曲バリバリでよかったです。
ノマンはいわゆる技術屋さんなのかな。レコーディングブースの向こう側でチャチャいれてましたな。基本シャツにネクタイなのに、たまにだらけた格好してて可愛かったです。
つか、最近ブロンディですね。地毛の色なんだろーけど、やっぱりマフのイメージ強いからダークヘアーなノマンの方がしっくりくるなぁ。


扉をたたく人
自由の国のはずのアメリカの人種、移民問題。
ダクダクと過ごしていた、大学教授のウォルターがNYで出会った1人の青年。
彼との出会いで少しずつ人生が変化し始める。
ウォルターの表情に笑顔が戻り出したころ、青年が捕まってしまう。
9.11以降、特定の国の人間に対してアメリカは厳しくなった。たぶん、アメリカだけじゃないだろうけど。それ以前まで杜撰だった移民の管理状況が一変。彼は不法滞在だった為、何の犯罪も犯していないのに捕まってしまった。
ウォルターは彼をなんとか助けようと奔走する。
ラスト付近のウォルターが怒りを叫ぶシーンでもう号泣。自分の無力を叫ぶおじぃ。かっこよすぎる。切ないラストでしたが、いい話でした。
イスラム圏内の人にとっても9.11は歓迎できない変化をもたらした。
ヒースローで入国審査の際それを目の当たりにして、何とも言えない気持ちになったのを思い出した。1人と向き合えば、1人1人はとても善良だとわかるのに。
[PR]
# by nichika-1958 | 2010-03-20 19:09 | 映画。