<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

結果でましたな!

とりあえず、結果だけでもー。
以下こぴぺ。

作品賞『スラムドッグ$ミリオネア』

監督賞 ダニー・ボイル監督『スラムドッグ$ミリオネア』

主演男優賞 ショーン・ペン『ミルク』

主演女優賞 ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』

助演男優賞 ヒース・レジャー『ダークナイト』

助演女優賞 ペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』

外国語映画賞 『おくりびと』

長編アニメ賞 『ウォーリー』

ドキュメンタリー長編賞 『マン・オン・ワイヤー』(原題)

ドキュメンタリー短編賞 『スマイル・ピンキ』(原題)

脚本賞 『ミルク』

脚色賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

撮影賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

編集賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

美術賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

衣装デザイン賞『ある公爵夫人の生涯』

作曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

歌曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』

録音賞(音響賞) 『スラムドッグ$ミリオネア』

音響編集賞 『ダークナイト』

メークアップ賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

視覚効果賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

短編実写賞 『トイランド』(英題)

短編アニメ賞『つみきのいえ』



日本頑張りましたねー。
んで、けっこう意外な結果かなぁと。
いや、ヒースはかたかったですけどね。
ショーン・ペンがまず意外。いや、今年はぶっちゃけどの人でもよかった気はするけど。
やっぱ、ミッキー・ロークとかにとってもらってもよかったんじゃん?的な。
しかし、ボイルがアカデミー監督になってしまったなぁ。(にあわねぇなぁww
いや、そんだけ今回の作品はよかったんだろうな、と。作品賞もとっちゃうしね。
ケイトとペネロッピーはまぁ無難な所だったかな。
ジョリ姉は最近の傾向鑑みると、アカデミー向きじゃない気がすんだよね。
ちゅーか、もう別にとらなくてよくない?ほかにも話題性盛りだくさんジャン的なww

とにかく、個人的に一番はやっぱりヒース!!
家族がオスカー受け取ってコメントしたんだってね。
おめでとう、ヒース!
[PR]
by nichika-1958 | 2009-02-23 16:03 | 俳優とか。
更新してない、とご指摘をいただいたので書いてみる。

近況
家賃が生活を圧迫していてド貧乏。
本は相変わらず異常に読んでる。
バレンタインは30人相手に頑張ったッス。自作っすよ!?
映画じゃなくて、今脱獄中wwwシーズン3だー!!
友達をスパナチュにはめた。してやったり!
あ、今日誕生日。ボスにランチをご馳走になりました。

最近読んだ本。
東京タワー(ときどきおとん、のヤツですww)
チームバチスタの栄光(爆笑読書でした)
アホでまぬけなアメリカ白人(タイトルあってっかなぁ?)

映画はまた、別にあげます。


どうでもいいけど、家賃1万のボロボロ一軒家が借りれるかも知れない話があったりします。
男友達とシェアして家賃5千円にしようと画策中wwww
まだ借りれるかどうかも不明なのに。
どれくらいぼろぼろかと言うと、壁1面が全部はげてて断熱材むき出しなくらいです。
でも初期費用ゼロっすよ?!1万円でお引越しっすよ?!
死ぬー。もんすげぇかりてぇ。


さーて、今日は飲みいくべ!
そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2009-02-20 14:12 | 日々。
ダンラーとまた書きます。

旅するジーンズと16歳の夏
生まれる前からずーっと一緒の4人が始めて離れて夏を過ごす。
離ればなれの前に出会った不思議なジーンズ。体型の全然違う4人全員が何故か穿けてしまうソレは離れた間の絆になった。
それぞれの恋とかなんとか…、まぁ普通に青春映画でした。
続きがでてるんだよなー、これ。


ジェイムズ聖地へ行く
小さな村から、聖地を目指して旅立ったマジメな青年が、金とかに溺れて一事自分を見失い、最終的には正しい道を見つける話。
登場人物が色々面白くて、見れたけど…印象は薄い映画ですな。
あのじぃさんがいい。凄くいい。


プレステージ
小説と全然違う…。小説のほうが面白かったなぁと思います。
でもね、ケイン様が!!つーか、キャストで見た映画だよ、コレ。だって、クリスチャンにヒューなんだもん。
やたら地味な仕上がりでびっくりしたわ。


アマデウス
やっと最後まで見れましたwww
これ何度もチャレンジしては、モーツアルトの下品っぷりに引いて、何度も挫折していた映画ですwww
やっと見れたよ父ちゃん!
いや、今回もドン引きでしたけどね。話がどうのより、あの下品な小僧をどうにかしてくれとしか言えない。実際居たら殺すわ、マジで。サリエリ頑張れ!と言いたくなった。嫉妬と羨望がすばらしく丁寧に描かれてましたね。いい映画だとは思います。
2度と見ないだろうけどwww


ゴースト/ニューヨークの幻
はじめてみた。
取りあえず、兄さんが非常に失敗顔で笑った。今見るとショボイんだけど、あれですね。当時はすごかったんだろうな、と。演技もベタなんだけど、仕方ないんだろうな、と。コレがあったから、今の技術や演技に繋がったんだろうなと。
やたらアバンギャルドな服装に真剣なシーンでも噴出してしまいました。
きっと感動!のシーンでもゲラゲラ笑っていかんです。


マザー・テレサ
美しかったです。兎に角、あの白い布(?)ブルーのラインが入ったアレ。あれは彼女の美しさを際立たせるな、と。
しかし、意外にきもったま母ちゃん系でしたね。何かをやり遂げるには、必要な強さなんだろうな、とは思うけど。
表面だけしか知らなかった彼女の偉業をはじめて知りました。
改めて、凄い女性だと思いました。


ヒッチャー
ショーン!怖いわ!!マジ悪役顔だなぁと改めてwww
なんであんなにしつこいんでしょうね、アメリカのコレ系映画の悪役って。別の獲物狙えよ。100発100中じゃないと許せないの?俺の経歴(殺人遍歴)に傷がつく!とか思ってんの?
まぁどんな悪役やっても、ショーンは可愛いです。最終的にやられ役だから直のこと可愛いです。いろんな意味でエグい映画だったけどwww


サン・ジャックへの道
フランス映画なんだけど、面白かったっす。
登場人物が全員いちいち面白いんです。ぶっちゃけ長男が一番好きでした。あのキャラは美味しすぎる。いくつになったって、キッカケさえあれば人間は成長できるんだなぁと感心しました。んん、いや、フランス映画で好評価つけるとは思わなかったです。
バカバカしいけど、実はいいこといってんじゃん、って感じです。


ジェシー・ジェームズの暗殺
ケイシーがやっらしい役でした。わー、姑息ー。小者ー。似合うーwww
カリスマ的役にピッコ。どうでもいいわ。
なんつーかね、ラストの方のケイスが切ない切ない。
哀愁漂う映画でしたね。


プリズン・ヴァンパイア
はいは、B級以下ですよー。ションパが出てるので見ました。
あれだ、グリズリープラネットよりは幾分見れた、くらいですね。ヘタレ男役が似合いすぎるよ、彼。びびり杉。エロティック系らしいんですが、あまりのショボさに笑いがこぼれてしまいました。
見る価値はないと思います。(バッサリ)


ベオウルフ
レイって言うか、レイって言うか…ショーンくね?
何かミョーにカクカクしてて、え?最近の映画だよね、コレ?と思っちゃいました。
数年前に出てたFFのアドバンスチルドレンってDVDの方が動き滑らかだったんですけど…。ジョリ姉は妖怪であってもおかしくないな、と納得しました。凄く納得できましたwww海外のファンタジー的伝説だなぁと。あれだ日本昔話みたいなものですね。でいだらぼっちですよ、あの最初の妖怪。CGはロードくらい頑張ってくれないと頂けませんな。特に妖怪系。最近の人間は目が肥えていかんです。


大いなる陰謀
これはダメだ。滑ったのが理解できました。
主題がぼやけ過ぎててまとまりがないです。見ててなんとなーく理解できるんですが、妙に消化不良な終わり方でした。
あのロバート・レッドフォードの元生徒で志願兵の2人の下りが一番面白かったです。
きっと本で読むと楽しいだろうなと思った作品。


ノーカントリー
落ちますな、これ。
見ててすっごくダウナーな気分になりましたww
でも秀逸な作品だったです。上の映画見た後に見たのでなおさら良かったです。
やっぱり映画はちゃんとスタートしたらゴールしてくれないと。
コインで選択する人生はある意味刺激的ですが、奥さんのラストの台詞「あなたが決めるのよ」がガツンときましたね。
取りあえず、シガーは気持ち悪かったです。特に最初の方の無機質な感じが。


エリザベス:ゴールデン・エイジ
女って怖いなぁ…。
いやでも、あれは男が酷いんでないか?と。女王だから取り入って、女王が彼に夢中なのを知りつつ、侍女と恋に落ちちゃうって…。しかも一番信じてた侍女にって、鬼過ぎる。
ケイト・ブランシェットは神々しいまでに美しかったですね。そして、スペインの無敵艦隊との戦いのシーンもナカナカ楽しめました。


ジャンパー
ヘイ君演じるDQNっ子がやりたい放題やった挙句、自分を正当化してヒーロー気取っちゃう話。アメリカらしい自己中ヒーローで、逆に清々しかった。
むしろ特典のサウンドノベラ見たいなアニメ(?)の方が良かった件。
特典に本編が負けているってどうなんですかね。でも、映像はよかったです。楽しめました。瞬間移動能力ってそんなに欲しいかー?と思ってたのですが、なるほど便利ですね。銀行にお金奪いに行くとか、その発想はなかったわ。流石DQNキャラ。他人の迷惑とか顧みるわけがない。


アメリカンギャングスター
狡猾なマフィアとバカ正直な麻薬捜査官が最後は一緒に街をキレイにしちゃうぞー!って話。これはたった数秒のノーマンの為に借りたDVDです。ノーマンって名前のN.Yの刑事さん役で出てましたね。可愛かったです。髪の毛ボッサボサのちょっとぽっちゃりさんvネクタイの趣味が紙一重なところも愛しいです。
ラッシーこと、ラッセル・クロウが酷い若作りで厳しかったですね。あの髪型はないよ、ラッシー。
古きよき(実際良くない事ばっかりだけど)アメリカな感じでよかったです。ギャングものは時代設定ふるい方が楽しめますね。
ラストのシーンがより一層切なくてよかったです。


ハリウッドランド
スーパーマンだったあの人の謎の死を追う、探偵の話。
リーブス氏を演じてるのがベンアフなため、やらしいやっちゃとしか思えない…。実際、けっこうないなって感じの人っぽいんですけどね。私生活は。
ブロディが探偵なんですけど、こいつもダメ男だなぁと。そして、手筋に関係ない浮気調査の依頼。これがちょっと意外で面白かったです。


ミネハハ
多くは書くまいよ。
エコールの別バージョンです。原作一緒。違った描き方だったけど、まぁあれだ。変態映画には変わりないよ。
エコールほどロリコンではないけど、直接的な表現が多くて引くわ、普通に。


4分間のピアニスト
姉ちゃんの暴力表現がすばらしすぎていいです。
しかし、看守のオサーンがむかつくわ。本気で腹立たしいわ。人間小さすぎ。
でも何か普通に感動したッス。
音楽が絡むヤツって妙にすきなんだよな。そしてアッサリ感動してしまう。
何でだ?年齢ゆえか?


今日はこのくらいにしといてやる。
[PR]
by nichika-1958 | 2009-02-05 20:52 | 映画。