<   2007年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

b0046078_15475361.jpg

光の射す方へ


お世話になりましたー。


後半の体たらく、多分まだ続くと思われ。
多分、来年仕事辞めるまではこんな感じかもしれない。
つーか、来年からは毎日更新止めます。
映画見たらレヴュー上げるだけになると思います。
たまにどうでもいい事ぼやいてるだろうけど、毎日更新はないんじゃないかなぁ。
えー、因みにもう1個ブログを開設してます。
そちらは、来年の目標である世界一周をメインに書いていきます。
暫くは準備期間って記事のみ。今は全然記事ないです。
旅に出たら、そこで生存確認していただく、と。旅行記を兼ねてって感じです。
あー、今年のベストムーヴィーとか上げたらいいのかしら。
因みに今年の映画レヴューは202件。上げてないの合わせても、多分300行ってませんね。
来年からまた減っちゃうんだろうな。前みたいに映画に没頭できないので、ショボンです。
こんだけレヴュー放置だけど、全部ちゃんと見てんですよー。
ベストムーヴィーってわけでもないけど、今年見た映画で印象に残ってるのでも上げます。

ライフ・アクアティック
濃い登場人物、淡々と進むストーリー。変人出る映画ダイスキなんですよね~。そのくせなんかラスト妙にいい話っぽく終わるし。

僕を葬る
色んな意味で衝撃的な映画だったな。深く静かな激情って感じ?薄い皮一枚したの激情って行った方がわかるかな?そんな雰囲気の映画でした。

レイヤー・ケーキ
何かボンドでドカンと来たクレイグたんブーム。イギリスの低予算ムーヴィーとして最高です。こういうのダイスキ。ゴチャゴチャしてるんだけど、ラストスッキリでいい。

バベル
えーっと実は映画見終わって大分経った後に、タイトルの意味をキチンと理解したんですよね・・・。なるほど~って遅いわぁ!と自ら言うほど、随分日にちが経過していました。
この監督の映画は好きなので、結構楽しめました。まぁ微妙に騒がれすぎかなぁーと思わなくもなかったけど。

レント
ミュージカル嫌いをある意味一掃してくれた映画。つーかミュージカルを見に行きたいとホンキで思ったはじめての作品です。ベタだけど、歌が最高でした。おかげでスクールオブミュージカルとかまで見れるようになりました。成長成長。

リトル・ミス・サンシャイン
どうしたってコレ系作品好きなんだな、ヲレ。小さなオリーブちゃんが、ある意味オチを浚って行ったステキな作品です。最後に笑えればいいよね、と思わせてくれる。

プライベート・ライアン
スタート20分で泣かされた映画です。何で今まで見なかったのか疑問すら持った作品。兎に角衝撃だった。人に絶対一度は見とけとすすめたい戦争映画です。

サンキュー・スモーキング
偏ってる、偏ってる!!だってコレスッゴイ痛快だったんだもん。面白かったから見てね!って宣伝したい映画です。

カオス
素直に面白かったと思えたサスペンス?でした。ハゲがやっらしい役してるんだけど、カッコイイんだよなぁ。何であんなにかっこいいかな、あのハゲ。見事にしてやられた映画です。

クィーン
まだレヴュー上げてないんですけど・・・。人間の本質的美しさってものを教えてくれる映画じゃないかと思いました。首相の怒りの台詞に感動して、最後の2人の会話が微笑ましく感じました。潔いまでの硬質さ、そして純粋さ。誇り高い民族だなぁと感動しました。

ハサミを持って突っ走る
昨日みた映画なんですけど、無茶苦茶好みでした。変人しか出てこない。ほろ苦いなんて言葉じゃ片付けられない少年期を独特の視点で描いた作品。ユーモアをもてるという事は、本質的に強いんだな、と感じた。地味にいい映画です。


見事に偏っている。
あ、パイレーツとかはわざと省いた。あれはもうヲレが語らんでもええじゃろと思って。
見たことないのあったら、是非見てみてください。どれもお勧め。

そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-31 16:05 | 日々。
RUNNING WITH SCISSORS
b0046078_15161828.jpg公式サイト(英語)
ストーリー:オーガスティンはアルコール依存症の父親と、有名な詩人になることを願っている、不安定な心を持つ母親と暮らしていた。ある日、母親のカウンセラー、ドクター・フィンチの元で数年間暮らすことになったオーガスティンは、そこで奇妙で強烈な家族たちと忘れられない時を過していく…。



実話ってんだから凄いな。
アメリカは何でも度を越しているところがあるけど、変人も度を越してんだな。
ぶっちゃけ出演人も結構濃いし、面白かったです。
パパのアルコール依存症ってのはあんまり作中じゃわかんなかったな。
ママがそういって罵ってたけど、ママがいかれ過ぎてて、マジだと取れなかった。
結構悲惨な話なんだけど、独特のユーモアで全然重くなんないし、すごい笑えた。
あんな風に現実乗り切っていけるのは、本質的に強いんだろうな、と思う。
オーガスティンを演じたのは、父親達の星条旗にも出ていたジョセフ・クロス。パパがアレック・ボードウィン。ママはアネット・ベニング、アメリカン・ビューティで2度目のアカデミーを取った演技派。オーガスティン青年が預けられる、ママの精神科医ドクター・フィンチにブライアン・コックスでその娘、長女にグウェネス・パルトロー。次女にエヴァン・レイチェル・ウッド、この人はダウン・インザ・バレーに出てた人ですね。作中化粧が濃くて一瞬誰かわかりませんでした。
オーガスティン青年の恋人でフィンチ家の養子にジョセフ・ファインズ。心の闇を抱えた不安定な役を見事、狂気すら見える様で演じてました。すげぇーと鳥肌立ちましたよ。
他にもかなりの演技派そろえてて、見ごたえありました。
フィンチ家のママさんが結構同情心を煽るんですけど、実は強い人だったなぁと感動しました。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-31 15:16 | 映画。
PINERO
b0046078_17334688.jpgストーリー:プエルトリコ移民のミゲル・“マイキー”・ピニェロは、服役中に書いた戯曲「ショート・アイズ」で成功。恋人のシュガーは問題の多い彼の姿を見守り続ける。



伝記ものです。
バスキアとダブル雰囲気ですが、バスキアよりこっちの方が退廃的です。
正直どんだけ才能があったとしても、こんな人そばに居てほしくないと思う。マジで。
だって、わがままっつーか気ままっつーか・・・普通に酷くね?
悪びれないところが、またカチンと来る。
それでも彼を愛する人間がいたんだから根本はいい人なんだろうなと思うけど。
あの車で生活してたときの友達が車の中で死んじゃったシーンは切なかったです。
弱っている友人に世話を焼いてやってるのみると、いい人なんだろうけど・・とは思えたんですが、それを上回るほど悪い部分が・・・。
しかしメディアが落とす影って本気で濃いんだなと思った。ソレによって得られるものも大きいんだろうけど。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-30 17:33 | 映画。
映画のレヴュー、ここ最近で40件近く溜めています。



書けるきがしねぇ!


いや、書きますよ。必ず、ボチボチと・・・・・。
来年あたりに・・・・ゲフゲフ。

今年はもう諦めました。
仕事忙しすぎて、映画見る時間しかないもん。(そこは削らない)
睡眠時間微妙に削ってるので・・・。
じゃぁ休みの日に片付けろよ!って感じなんですが、ここ最近休みが何か忙しいんだよな。
何かと用事が・・師走だからか?
そんなわけで全然で、本当ごめんなさい。
お詫びを書いてる暇があったら、書けばいいのにとか思ったかもしれませんが、これ休憩時間と言う名のお昼ごはんをかっ込む最中に書いてます。
これ書き終わったら、ご飯かっ込みつつ仕事に戻ります。休憩じゃないし!
サイトも現在休止中だしな。
多分、余裕ができるの2月とかだと思う。
つか下手したら、来年休止するかもしんない。もしくは毎日更新と言う名のバカを辞めるかもしんない。
退職前だからこんなにいそがしいのかなー。直前は絶対暇だと思うけどな。
辞表代わりのレポートも既に仕上げてるしwwww

そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-29 15:49 | 日々。
INVINCIBLE
b0046078_17464919.jpg公式サイト
解説:30歳でアメフトNFLの入団テストに挑戦し、その夢を掴んだ実在のプロ・フットボール選手ヴィンス・パパーリのサクセス・ストーリーを描いたスポーツ・ドラマ。





ディズニーって実話のアメリカンドリーム好きだよな。
そんなディズニーに最近踊らされてる気がしてならん、nichikaです。
見ようと思ったのはマークだったからですが、実はアメフト好きなんですよね。
イマイチるーるとか分かってないけど。
野球とかにない、こう血肉沸き踊る感がたまらない。格闘技好きだからかなぁ。
映画だと分かってても、興奮して奇声を上げるくらいに好きです。
で、この映画。
正直そういう意味で無茶苦茶面白かったです。
すんげぇ興奮して"ゴーヴィンス!!!"とか夜中に1人でテレビに向かって言うほど面白かった。
アメフトのシーンが、他のアメフト映画に比べて分かりやすかった気がします。
ほら、ごちゃごちゃしてっから、今なにしてんの?って気になるんだけど、それが無かったです。

30歳のヴィンスは生活苦から妻に捨てられ、週2で行っていた教師の仕事もクビになったバーテン。地元チームイーグルスのファンではあるが、イーグルスもずっと成績不振で、街はどこもかしこもどんよりムード。
唯一の気晴らしは仲間とやるアメフト。コレ、フットサルとか草野球の気軽さでやるゲームっぽいんですが、普通に怪我しそうな勢いでした。
そんなある日、イーグルスの新監督が就任。公開入団試験をするとの事。
仲間はヴィンスに受ける事を進めるが、ヴィンスは返事を濁す。が、結局夢を捨てきれず一人入団試験を受けに行く。
地元イーグルスファンでごった返す、グラウンド。どいつもこいつも使えそうにない。
そんな中、監督はヴィンスの足に目をつける。そして、チームのキャンプに参加する事になる。

まさにアメリカンドリーム。
諦めない不屈の精神は、地元に希望を与え今ではフィラデルフィアのロッキーとまで言われてるとか。
本人は身長高くてすんごいでっかい人でした。
しかし、30歳のルーキー。あんなに体が動くのが凄い。
あんなに興奮したのは、やっぱりどこか共感するところがあったからかな?と思う。
個人的にパパとの交流が泣けそうでした。親の愛情って偉大です。
それと仲間かな。あんな風に心底思いやってくれる友達っていいなぁと思いました。


諦めるふりをしていた。本当は諦めたくなかった、諦められなかった。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-28 17:46 | 映画。
AEON FLUX
b0046078_17474775.jpg公式サイト
ストーリー:ウイルスにより人類の98%が死滅した西暦2015年。人類は科学者トレバー・グッドチャイルドの圧政に怯えながら暮らしていた。グッドチャイルドの暗殺を企てる反政府組織の戦士イーオン・フラックスは、妹が政府によって殺されたことにより激しい憎悪を募らせていた……。


やっぱそのパジャマはナイッスヨ、姉さん。
なんつーかベタ?ベタ過ぎて展開読めちゃって・・・アイタタターな作品でしたね。
映像とか、小道具とかはすんごい近未来らしく力入ってて、そこらへんは楽しめました。あとアクション。
アクションはまぁよかったなぁと思うけど、その割には基盤となるストーリーがお粗末過ぎたなぁ。
期待はしてなかったけどね。
お色気セクシーが売りなら、ストーリーとか別にどうでもいいもんね。
これよりはウルトラヴァイオレットの方が…?
微妙だな。どっこいどっこいです。
あの気球のおじぃが宇宙っぽくて個人的にヒット。
あとあの検索機能はいいね。登録されちゃったら最後だけど。
GPS目じゃないよ。
トゥモローワールドのアホアホ版な気がしたのってをれだけ?
あの閉鎖空間がそう思わせたんかなぁ?


忘れない。忘れられない。忘れたくない。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-27 18:00 | 映画。
b0046078_1651992.jpg

買い物中デス。

ヨドバシでノートパソコン買って来ました。
カードで一括つーのはいっそ快感でしたな。
今年最大の買い物だったかも。
富士通くんのFMVをかいますた!
あとは結婚式のお衣装です。
あー買い物嫌いだ。まんどくせ。

そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-26 16:51 | 日々。
クリスマスだってのにまたになったんだぜ!

ふぁっく!

ここ数日鼻炎の為に、咳・くしゃみ・鼻をかむの行為でいきみすぎたんだぜ!
ヲレ、出産なんかしたら確実に痔再発だぜ!

そんなわけでケツがすんげぇ痛えクリスマスなんだぜ!

そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-25 16:54 | 日々。
THE QUEEN
b0046078_16515436.jpg公式サイト
ストーリー:1997年8月31日、“英国の薔薇”ともうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い逝去してしまう衝撃的なニュースが全世界に流れる。ダイアナ元妃の訃報を悼み、その日から全世界は悲しみに包まれる。しかし、なかなか公式声明文を発表しない英国王室のエリザベス女王の対応へ批判が集中する。



えーっと、プリンセスダイアナが事故死したところからお話は始まってます。
なんか、この当時のことはぼんやり記憶に残っているだけなので英国王室の対応とか良く知らなかったんですが、なるほどーと非常にお勉強できました。
王になるって大変なんだなぁと。しかも、日本みたいに国民の自己主張の少ない国ならまだしも、あっちはバリバリじゃないですか。滅茶苦茶つらい立場だったんだと。
でも、その中でもプライドを持って凛とたち続ける姿は本当にかっこよかったです。そらアカデミーとるわ。
個人的に感動できたシーンはあの首相の台詞。
やっぱり王室がわとの確執みたいのは多少なりともあるのはわかるんだけど、彼は女王にあって、彼女のプライドをちゃんと理解していたんですよ。
だから報道で国民が王室を批判して、彼側の人間が同じように王室を軽んじた発言をしたときに激昂するんですよ。あのシーンがすっごくよかった。
あー、このへにゃへにゃ男、意外とやるじゃん、見たいな。
んで、ラストのシーンで女王と彼が並んで歩いているシーンが最高にぐっとくるんですよ。
これは本当にいい映画だなぁと。ヒューマンドラマとしてすごくよかったです。
まぁ現実はこんなに美しくなかったのかも知れませんが、エンターテイメントだしね。


彼女はその一生を国に捧げている。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-24 22:45 | 映画。
ANNAPOLIS
b0046078_1629017.jpg
公式サイト
解説:海軍士官学校に入学した青年が、鬼教官から課せられる厳しい訓練の中で仲間と共に競い合い同士として絆も深めながら苦難を乗り越え成長していく姿を描いた青春ドラマ。
[PR]
by nichika-1958 | 2007-12-23 16:30 | 映画。