<   2006年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧

I LOVE YOU TO DEATH
b0046078_0112449.jpgストーリー:夫婦の経営するピザ屋は、味の評判で大繁盛。クラインは働き者を絵に描いたような男だが、精力が有り余って、妻の他に何人もの女を渡り歩く始末。業を煮やしたウルマンは、彼女に想いを寄せる店員のR・フェニックスと共謀し、夫を亡き者にしようと企むのだが……。




えーっと、キアンヌ目当てだったんですが、ウィリアム・ハート出てんじゃん!
しかも若!
しかし、キアンヌのあのアホいキャラかわうい!!
つかリヴァーのロンゲも可愛いな!
ぎゃー!
って映画でした。<どんな映画だよ。

今となっては何か素敵なキャストですね!って感じです。
ケヴィン・クラインもいるもんね。いや、主演なんだけどさ。
こんな顔だったっけ?って感じですが、いい感じでした。

そして普通に面白いし。
本気でマジにあった話なんですか?って聞きたくなるくらい荒唐無稽なんですよ。
まあ映画化に当たって、色々誇張している部分はあると思うんですが、それにしたって凄いでしょう?本当ありえねーって話なんだけど・・実話なんですよね?

キアンヌとウィリアム氏はいとこ同士で、殺し屋として雇われますが、実際は殺した事なんて無い素人です。キアンヌは本気でアホだし髪型すげぇし。ウィリアム氏はキアンヌよりはマトモっぽいですが、やっぱりちょっと変。金髪ロンゲにサングラスでハッキリ言って誰かわかんない。キャスト見て気が付きましたよ。見たことあるかな?この人・・と思ってたらウィリアム・ハート氏でした・・・。
リヴァーは奥さんにちょっと横恋慕してる、変な青年。何か占いとかマジでやってて服装もおかしい。でも可愛い。彼が2人に殺しを依頼しに行くんですけど、変装で変なヒゲつけるんだけど、バレバレでソレが可愛かった。
リヴァーの映画ってきちんと見た事なかったので今更ながらにコンナ顔ナンダ~と・・・。
レンタルに置いてなくて友人から借りてきてもらったんですが、そこまでしてみる価値はありました。
こう云うベタなコメディ好きだなぁー。


何で死なないんだよ!

1990年 アメリカ
監督 ローレンス・カスダン
製作総指揮 チャールズ・オークン 、マイケル・グリロ
脚本 ジョン・コストメイヤー
音楽 ジェームズ・ホーナー
出演 ケヴィン・クライン 、トレイシー・ウルマン 、ウィリアム・ハート 、リヴァー・フェニックス 、キアヌ・リーヴス
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-31 23:08 | 映画。
RIVER'S EDGE
b0046078_18421852.jpgストーリー:社会から疎外され集まり合う数人の高校生グループ。ある日、その中の一人サムソンが、ガールフレンドを殺したことを告白。彼らはひとまずサムソンを元暴走族のフェックにかくまってもらう……。




えーっと、キアンヌ目当てで見ました。
デニス・ホッパー出てんじゃん!と浮かれてましたが、ゲフゲフ。
正直に言おう。
これほど酷い映画もない。
ドラマでももうちょっとマシだよねー、と言いたくなる作品でした。

キアンヌはピチピチで可愛らしかったですが、それ以外に見所はないかなぁー。
小学生くらいの弟にマジギレするキアンヌとか、幼い妹に優しいキアンヌとか、女に奥手なキアンヌとかは可愛いです。本気で。
で、ちょっとイカレてんじゃないの?的なデニスも素敵でした。
哀愁漂う感じです。

でも本気で青春ものとしても失敗してる感じの映画です。
好きな俳優いないと見れないと思う。
結局この映画の問題提起はなんだったんですか?って感じなんですよ。
青少年の殺人とか、無軌道な若者達を描いてるのは分かるんですが、救いないし・・・。
ってかそこから普通の生活取り戻しちゃったらダメくない?つか最後まで略無関心じゃん、こいつら!って感じです。
一言でいうとイミフです。
進めません。本気で。


世界が歪む。

1986年 アメリカ
監督 ティム・ハンター
製作総指揮 ジョン・デイリー 、デレク・ギブソン
脚本 ニール・ヒメネズ
音楽 ユルゲン・クニーパー
出演 デニス・ホッパー 、クリスピン・グローヴァー 、キアヌ・リーヴス 、アイオン・スカイ・レイッチ 、デヴィッド・ローバック
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-30 18:42 | 映画。
イミフですがスミマセン。

昨日は(ってか今日?)ちょっと色々変態で。ノン、大変で。
と云うか本気で睡眠足りないなら寝ようよ、って話なんですが・・・。


今回はアホの様に語ってます。
しかも心あたりのある人がきっと居ます。

腹立つかも知れないんですが・・・正直なところです。
あ、でも具体的な事は書いてないよー。

真夜中のファミレスだったんです。
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-29 23:15 | 日々。
A MIGHTY WIND
b0046078_17505156.jpg公式サイト
ストーリー:ある日、1960年代にフォーク・ソングの一大ブームを巻き起こした伝説のマネージャー、アービング・スタインブルームがこの世を去る。彼の息子ジョナサンは、父の追悼コンサートを企画、父ゆかりのフォーク・グループに再結成とコンサートへの出演を呼びかける。出演することになったのは、恋愛のもつれからとうの昔に解散した男女フォーク・デュオ“ミッチ&ミッキー”、男性トリオ“ザ・フォークスメン”、そして唯一現役を続けていた大所帯グループ“ザ・ニュー・メイン・ストリート・シンガーズ”といった面々。彼らはそれぞれの思いを胸にコンサートへ向け準備を始めるのだったが…。


ドキュメンタリー風に作った、モキュメンタリーってやつです。
本当に錯覚しますよ。
フォークでこんな人たち居たっけ?とか一瞬真剣に考えます。
コレ監督だっけ?まぁ、製作側の人が曲まで作ったらしいですよ?
どの曲も面白くていい感じです。マジフォークブームの時に出てたんじゃないかって錯覚しそうになるほど出来がいい。

メインとなるのは、ミッチ&ミッキーのエピソードかな?と思うんですが、何かしょうもないんだけど素敵な話でした。
いや、落ちとなったフォークスメンの人々も素敵でしたけどね。
一番笑ったのは、偉大なマネージャーの息子が舞台でアレやコレやとチャチャ入れて頭はたかれるシーン。
うん、我慢ならんかったんやね・・・。

ドキュメンタリー苦手な人にはちょっと厳しいかな?ってくらい普通にドキュメンタリーです。
でも、歌は本当に素晴らしかったよ!


思い出せない過去があり、思い出したい過去もある。
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-28 17:50 | 映画。
MY BIG FAT GREEK WEDDING
b0046078_19274762.jpgストーリー:ギリシャ系アメリカ人のトゥーラは、内気な性格と地味な容姿のせいか、恋愛に縁のない冴えない毎日を過ごす独身30歳。“ギリシャ人の男性と結婚して子を授かり、死ぬまで家族の食事を作ること”がギリシャ女性のすべきこととされる世界にあってこれは一大事。ギリシャ料理レストラン“ダンシング・ゾルバ”を営む両親にとって娘トゥーラの結婚は今や最大の心配の種。ところがある日、父のレストランで働いていた彼女は、店にやって来たハンサムな男性に一目惚れしてしまう。これをきっかけに、トゥーラは一念発起、これまでの自分を変えようと決意するのだった…。

人から借りました。
面白いとお勧めなんだそうです。
うん。面白かった。
正直あの彼がハンサムかどうかは微妙ですけど・・・。
個人の趣味の問題だな。
しかし、あの彼は本当に凄い。
そこまでしちゃうんだ!ッてくらい彼女の為に尽くしてました。

でも、この映画の見所は主人公でも、その彼との恋愛でもないッス。
ズバリ!主人公の親戚たち!!
素晴らしいよ、あの人たち。
最高です。
こんな親戚居たらツライナーとは思うんですが、傍で見てると面白い。
結婚って一大イベントなんだなぁとコレ見て思いました。
でも、本当宗教とか国によって儀式って色々ですね。
日本の結婚式は特に特徴的な方に入ると思うけど、最近はキリスト教でもないのにチャペルでの結婚式が多いですよね。アレってウェディングドレスに対する憧れから来てるんでしょうか?
自分結婚しても結婚式はしたくない派なので微妙です。
相手が望むなら結婚式くらいは我慢しますが、披露宴は勘弁して欲しい。
何度も結婚式に参加して思ったのは披露宴って無駄だ。です。
ソレこそ立食とかにして、パーティみたいにしちゃった方が何ぼか楽しめると思うんですよね。
この映画の披露宴は面白かった。
彼氏の方のご家族もいい感じでございました。
何度も見ちゃいたいなぁーと思う。

コレ、マイ・ビッグ・ファット・ライフってのも出てますよね?
こっちは映画の好評を受けてドラマにしたものらしく、出演者はあんまり変わんないけど、キャラの名前は変わってます。あ、旦那さんはべつの人でしたー。でもまだ見てません。


きみのためならなんだって!

2002年 アメリカ
監督 ジョエル・ズウィック
製作総指揮 ポール・ブルックス 、スティーヴ・シェアシアン 、ノーム・ウェイト
脚本 ニア・ヴァルダロス
音楽 アレクサンダー・ジャンコ 、クリス・ウィルソン
出演 ニア・ヴァルダロス 、ジョン・コーベット 、マイケル・コンスタンティン 、レイニー・カザン 、アンドレア・マーティン
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-27 19:30 | 映画。
FINDING FORRESTER
b0046078_19234086.jpg公式サイト
ストーリー:ニューヨーク・ブロンクス。16歳の少年ジャマールは、ある日、バスケ仲間にそそのかされて忍び込んだ謎の老人の部屋にリュックを置き忘れてしまう。中には彼が秘密にしていた自分の創作ノートが入ってた。やがて、彼のもとに戻ってきたリュックの中のノートには赤字で老人の批評がびっしりと書かれていた……。



お話的にはベタかもしらんが、あの酷い評価を受けるのも分かんないッス。
そんなに酷くなくない?
いい話だったし。

何より、主演の彼!
素人ですよ?ズブの!!
なのに、ショーン・コネリーの演技にひけとってないのがすげぇ!!
落ち着いてる雰囲気が伝わって来ました。
実際インタヴューでもかなり落ち着いてたしね。

印象に残るシーンが多いのはガス・ヴァン・サント作品だからでしょうかね。
色は相変わらず美しいし、すっごくリアリティがある。
自転車で走り去って行くシーンはすっごく印象深かったです。
あの後姿が素敵でした。

そして・・マット?!オマエ何で居るの?!
何気に小説家先生のお抱え弁護士?役でマットが出てます。
物凄くアレ?!って感じです。
これってガス・ヴァン・サント監督だからだよな?友情出演ってやつでしょうか?

個人的に結構お勧めです♪




その出会いは2人のキセキだった。
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-27 19:23 | 映画。
NORA
b0046078_19164541.jpgストーリー:20世紀初頭のアイルランド、ダブリン。情熱的で感情豊かな娘ノーラは窮屈な田舎町を飛び出し大都会へとやってきた。そんなノーラに声を掛けてきて強引にデートに誘う男こそ後の大作家ジェイムズ・ジョイス。それは二人にとって運命の出会い。ほどなく二人は結ばれる。やがて、かねてからアイルランドの閉鎖性に抵抗を感じていたジョイスはノーラを連れイタリア、トリエステに移り住む。慣れない土地に戸惑いながらも夫の支えになろうとするノーラだったが、執筆活動がうまくいかないジョイスは妻にきつく当たり、酒に溺れていくようになる。



ユアン映画ー。
ユアンが実在の作家さんジェイムズ・ジョイス氏になってます。
微妙です。<おい。

イキナリナンパかますユアン。
結構しつこいユアン。
最初は振られるユアン。
それでもしつこく手紙書くユアン。
牛が怖いユアン。
自己中で傲慢なユアン。
彼女に道端でイキナリ抜かれちゃうユアン。
アンアン言っちゃうユアン。
髭が似合ってないユアン。
利己的なユアン。
本がかけなくて悶々としちゃうユアン。
かなり人の噂に流されやすいバカチンユアン。
手紙で1人エッチしちゃうユアン。
嫉妬で怒り狂っちゃうユアン。

そんな色々ユアンが見れます。(笑)

まぁ、この映画の一番の衝撃は奥さんの脇毛ですね。

実在した人の本当のお話なんでしょうが、まぁなんつーか純文学系でダルイです。
エロスまんさいの純文学です。眠いです。
ぶつかり、見失い、傷つけあい、それでも失えない。
そんな2人の愛は、ヲレの今の気分的にかってにやってくれ。
見る時期を選んだほうがいいかなぁと思います。
取りあえず、色んな意味で笑えましたけど、やっぱり奥さんの脇毛がナンバー1だと思います。

どれ程憎んでもこの愛からは逃れられない。


2000年 アイルランド/イギリス/イタリア/ドイツ
監督 パット・マーフィー
製作総指揮 ガイ・コリンズ
原作 ブレンダ・マドックス
脚本 パット・マーフィー 、ジェラルド・ステンブリッジ
音楽 スタニスラス・サイレウィック
出演 ユアン・マクレガー 、スーザン・リンチ 、ピーター・マクドナルド[役者] 、ロベルト・シトラン
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-27 19:16 | 映画。
案の定、店が開いている時間には起きれなかったな。

でも久々ぐっすり寝れました。ビバサンデー!


とか言ってたら見てないの沢山あるのにビデオが今日返却だった…

ギリギリまで頑張ってみます。


そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-26 19:41 | 日々。
COCKTAIL
b0046078_1734611.jpgストーリー:軍隊を除隊したブライアンはエリートビジネスマンになろうとニューヨークに降り立った。しかし学歴のない彼を雇う企業はどこにも無く、通りすがりにバーの求人をみつけアルバイトをしながら大学に通う事にする。しかし先輩バーテンのコグランから“金持ちになるには金持ちの女を捕まえろ!”と言われ、彼とパートナーを組んで……。



なんつーものを見てるんだ!って話ですが・・勘弁してください。
ココモが聞きたかっただけなんです。
今、マイブームで常に鼻歌口ずさむくらい好きなんです。
そりゃー、売れたきっかけの映画もチェックはしとかんばーと思ってみました。
噂に違わず、ドラマ並みの安っぽさですな・・・。
もう、トムがカッコイイvとか思ってた時代は過ぎたので、見るのちょっと辛かったです。(笑)
今じゃただの痛い人だもんなぁ。

あ、でもでも確かにそれだけは見所と云われた、ボトル捌きは面白かったです。
曲も懐かしくて一緒に歌ってしまってましたよ。ベタだけど、ナイスなナンバーチョイスですな!
しかし、目当てのココモは短い!!
え!ココだけ?!って思わず言うほど短い!仕方ないので3回くらいまき戻して見ました。
いいねぇ、ココモ。

しかし、毎回お世話になってる映画関係のデータベースサイトさんのストーリとか書いてあるところに見る価値無しと書かれてて・・初めてだよ。あそこでココまでこき下ろされてる映画!
だって下にユーザーコメントあるんだよ!そこで散々だったら分かるけど、データベースとしてこき下ろされてる!!すっげぇ!!

でもでも、師匠のブライアン・ブラウンはかっこよかったです!
いや、性格死ぬほどむかついたけど。


1988年 アメリカ
監督 ロジャー・ドナルドソン
脚本 ヘイウッド・グールド
音楽 J・ピーター・ロビンソン
出演 トム・クルーズ 、ブライアン・ブラウン 、エリザベス・シュー 、リサ・ベインズ 、ローレンス・ラッキンビル
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-25 17:03 | 映画。
KEEPING THE FAITH
b0046078_17273730.jpg関連サイト
ストーリー:ニューヨークに住むユダヤ教のラビ、ジェイックとカトリックの神父ブライアン。宗教こそ違うものの二人は幼なじみで大の親友。二人の楽しい説法は人気を集め、町中の評判に。そんな折り、子ども時代一緒に遊び回っていたアナがニューヨークに数ヵ月間滞在することに。ふたりは憧れのアナと再会し、再び恋心を抱くが、ラビと神父という立場が思わぬ障害に……。


ノートンさぁん!
ってな訳でノートンさんがバリバリ関ってる映画です。
出演だけじゃなくて監督とかもしてます。
確かファイクラの後だと言うお話ですが、ベッツジーン!です。
荒んだ感じのあの人が、キラッキラのブロンディーベイベーに変身してます。
可愛いです!もう、コレでファーザーなんですよ、この人!
ヤバイっす!可愛すぎます!!飲んだくれてても可愛いです!!

お話はなんつーかある意味ベタですが、ベタじゃないのは主人公の男2人が宗教バリバリな所でしょうか?カトリックとユダヤ。ファーザーブライアンは心から神父を目指した人ですが、ラビジェイクは趣味ってのも笑えます。
色んな意味で狙いすぎ!って感じではありましたが、まぁいいやーとスルーできたらそれなりに楽しめます。台詞に色んな映画の話が混じってて、映画好きな人だったら更に笑えると思う。

取りあえず、ノートンさんがバリバリかわうい!
もう、かわういノートンさんが見たかったら見て!情けなくもかわうい金髪美人がお出迎え!

所でタイトルのアナ・バナナってのはアナのアダナなんですけど、日本人には理解しがたいと思うんですよね・・・。海外特有の言葉遊びみたいなものでしょう?
普通に見たら、汚れた日本人は如何わしいモノを想像しちゃいますよね、ヲレみたいに。<こらこら。
なんか、名前と同じ韻をふんでる言葉を続けて呼ぶんだそうです。まぁ響きの問題なのかな?
しかし、可愛く無いぞ?アナ・バナナ。


僕らの友情は宗教をも超えるんだ!
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-24 17:27 | 映画。