<   2005年 03月 ( 52 )   > この月の画像一覧

KISS KISS (BANG BANG)
b0046078_949769.jpg公式サイト
ストーリー:フィリックスはかつて、このロンドンを根城に活動する組織の中でNo.1の殺し屋だった。だが、最近歳と共に腕の衰えを自覚してきた彼は、25年務めてきたこの稼業から足を洗うことを決意、弟子ジミーに後を継がせて引退する。しかし、“殺し屋は死ぬまで殺し屋”という掟を破ったとして組織のボスはフィリックスの殺害を画策する。その頃、フィリックスは生活していくために新たな職に就こうとしていた。知り合いのアンティーク密輸業者に持ちかけられたその仕事とは、33年間一歩も外に出すことなく大事に育てられた息子ババの子守というものだった。



ずーっと見たかったんです。
一番行くレンタルショップには無くて・・。
先日別のレンタルショップで発見。
絶叫。

可愛かった~。
やっぱり物凄く好きでした。
評価は分かれるだろうけど、ヲレは好き。

音楽も美術もキャストもいい~!!
ロンドンで、レトロで、でもモダンで。
主題は愛とベター。しかも家族愛的な要素が多。
ちょっと陳腐かも知れないけど、良い書き方してると思う。
ベタベタでいいなぁと。

ポール・ベタニーのアークエンジェルっぷりはどうなのか?
あのおじさんを尊敬してたのは分るんだけど、そこまでしちゃうのか?と。
でも銃弾にお互いが倒れた後、死に際名言集(笑)をそっと渡すシーンはいい。
おじさんに憎まれるのも覚悟の上だったんだろうけど、やっぱり嫌われるのイヤー。って感じですか?<腐った感想だな。


オープニングも可愛かった。
手元に置いておきたい作品です。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-31 10:58 | 映画。
SWING GIRLS
b0046078_9495127.jpg公式サイト
ストーリー:野球部の応援ブラスバンドのため、弁当を届けた補習組の友子たち。ところが、その弁当を食べた部員が食中毒に。ひとり難を逃れた中村は、次の試合までに即席ブラスバンドを結成しようと試みる。集まったのは、友子たち落ちこぼれが17人。仕方なく、17人で演奏可能なビッグバンドジャズを組み、早速練習を開始した。次第にジャズの楽しみを覚えていくメンバーだが、本番前日、ブラスバンド部員が退院し、ビッグバンドは解散に。気持ちが収まらない友子は、自分たちでビッグバンドを組むことにするが…。




珍しく邦画。
友達が瀕死のヲレに持って来てくれたのです。

面白かったです。
ウォーターボーイズの矢口監督作品なんですが、評判も良かったですよねー。
噂に違わず、ノリノリでした。

ジャズが好きじゃ無くても、ジャズを全く知らなくても楽しめます。
だって主人公達も知らないし、好きじゃなかったから。
ヘッタクソだった主人公達が、上手くなって、凄く楽しんでいるのが分ります。
サックス羨ましいなぁと・・・。
ボロでも3万であるならほしいよ、ヲレも。

方言ベタベタで可愛かったです。
周り固めている俳優人は凄いしね。
やっぱり、矢口監督の作品の竹中さんは最高。
今回もいい味だしています。

ラストの音楽祭(?)の演奏が最高。
エンディングに流れるのがナット・キング・コールの「L-O-V-E」。コレ大好き。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-31 10:10 | 映画。
昨日は会社を早退してしまいました。

今日は欠勤。


さっさと医者に行くことにして、本日午前中から朦朧としつつ病院へ。

結果。


原因不明。<ヲイ。


ストレスだろうと…。

発熱も吐き気も頭痛も喉の渇きも全部ですか、先生!!


ヲレ、今ストレスねーよ(゜Д゜;)



取りあえず、睡眠誘導剤と解熱剤をもらって、ついでに飯を食ってなかった為ブドウ糖注射も射たれまして帰宅。

本気で心当たりが無い。
ヲレ、何に悩んでんの?
欲しいDVDが来月まで買えないからか?<ものすげー我が侭な。



一応いつもの小さい所じゃ無くて、近所のデカイ病院に行ったんだけどなぁ。


胸部から腹部にかけての鈍痛もストレスか?
いっそ風邪の方が納得いくんだけど…。


取りあえず、今日は早目に眠剤のんで寝ます。

明日は会社に出社できますよーに。




そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-30 17:10 | 日々。
昨日から尋常じゃ無く体調が悪い。

吐き気。胸のムカツキ。悪寒。頭痛。胸から腹部にかけて鈍い痛みがあり、しかも続く。
ついでに膝の神経痛。
あと何故か異常な喉の渇き。

昨日は顔が紫色と尋常な色じゃなかったらしい。<笑。

なのにテンションは高い。

今日は取り合えず吐き気と悪寒。胸のムカツキ。

原因不明です。
風邪だといいんだけど、風邪の症状が出ない。
ヲレ風邪引くと必ず発熱するしな。
熱は出ねーし、喉も痛くない。咳も鼻水もなし。
何なんだ!
病気なんか、ヲレ?!

喉の渇きが辛いな。
昨日は寝てる途中に起きて、水を1ℓくらい飲んだ。
今現在、2ℓ抱えて仕事中。

・・・・だるい。






そんな今日この頃。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-29 12:11 | 日々。
PHONE BOOTH
b0046078_950348.jpg公式サイト
ストーリー:マンハッタン、タイムズスクエア。自称一流のパブリシスト、スチュは、今日もアシスタントを従え、携帯電話からクライアントや業界に口八丁でビジネスをまとめ上げている。そんな彼はアシスタントと別れた後、1台の電話ボックスに立ち寄り、結婚指輪を外してクライアントの新進女優パメラに電話を掛けた。スチュは彼女をモノにしようとしていたが、上手くいかずに受話器を置く。その刹那、今使っていた公衆電話のベルが鳴り、思わず受話器を取ってしまうスチュ。すると電話の主は、“電話を切ったら殺す”と脅迫してきたのだった…。




コリン主演なんですが、眉毛が気になるお年頃。

意味が分かりません。
今日体調悪いからです。気にしないで下さい。

話は面白かったです。
落ちも良かった。
緊迫感もあって、観客の注意を話さない感じでマジ楽しかった。
このスチュアート君、コリンにお似合いです。<笑。
別にコリン嫌いなわけではないですが、ご本人も彼見たいな感じですよね。
自信満々で、女好き・・。

まぁコリンの事は如何でもいいんですよ。

最後に犯人が彼を撃たなかったのは、やっぱり正直に告白したからかな?
でも、最初の時点で奥さんに謝罪した方がよかったよね。
だって、全国放送
アメリカ中にダメ男ップリをアピール。
彼は宣伝マンとしての人生が終りましたな。

ちょっと可愛そうなのは不倫相手の女性ですね。
名前までバラされて、結局男は妻の下に帰っちゃって。

期待を裏切らない作品でした。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-29 12:05 | 映画。
MATCHSTICK MEN
b0046078_951278.jpg公式サイト
ストーリー:詐欺師ロイは潔癖性。ほとんどツナ缶だけを食べて生きているが、食器が汚れるので缶からそのまま食べている。そんな彼が、詐欺稼業に没頭している時だけは、潔癖性を忘れ、芸術的ともいえる手腕を発揮するのだ。ある日ロイの前にあらわれたのが、離婚時に妊娠していたかつての妻が産んだ実の娘アンジェラ。14歳の彼女が父の家の汚れひとつないカーペットを靴を脱がずに踏みつけた瞬間から、彼の人生は思いもかけない方向に変わっていく。「パパの仕事を私もやってみたい!」とせがむ娘に逆らえず、ついつい自分の手腕を披露してしまうロイだったが…。



またもやニック映画。
ヲレ、詐欺師映画が好きなのかな?
とか思った次第であります。

詐欺師の話って痛快なのが多い気がします。
痛快なのが好きなのです。

そんなこんなで、この映画。
詐欺師が騙される話なんですが、凄いのはニックの潔癖症。
マジ病気っぽいYO、ニック!!
話している途中に「ッン!ッン!」って入るんです。爆笑。<失礼な。
大変お似合いでした。<コラ。

ラストのシーンがあったから言い話~で終るんだろうが、個人的にはあれ無くてもいいかなぁと思いました。
ニックヤラレタ~アイター!!で終わってもよかった。

犬の置物は欲しいなぁ。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-28 10:45 | 映画。
ELIZABETH
b0046078_9521791.jpgストーリー:16世紀のイングランド。国内では旧教・カトリックと新教・プロテスタントが争っていた。ときの女王メアリーはプロテスタントを弾圧、新教派のエリザベスもロンドン塔に投獄されてしまう。しかし、ほどなくメアリー女王は他界。1558年、エリザベスに王位が継承される。新しい女王に、フランスのアンジュー公、スペイン王との結婚話が持ち上がるが、エリザベスは恋人のロバートと逢い引きを重ねていた。国内の財政は苦しく、スコットランドとの戦争にも敗れたイングランド。エリザベスは新教派のウォルシンガムを味方につけ、国を新教に統一することを決定。これを怒ったローマ法王は英国に密使を送る。ウォルシンガムは不穏な動きを抑えるため、スコットランド女王メアリーを暗殺。臣下たちは結婚により身を守るようエリザベスに薦め、ロバートにはすでに妻がいることを告げる。国内では旧教派のノーフォーク卿が法王と結託し反撃に出ようとしていた。意を決したエリザベスはローマからの密使を探し出し、ノーフォーク卿をはじめとする旧教派を一網打尽にする。愛に破れ祖国と生きることを決意したエリザベスは、人々の前で「私は国家と結婚します」と宣言するのだった。



ふー。
長いなぁ。

ケイトが美しかったお話ですが、イギリススキーなヲレにはちょっと今更な感じでぶっちゃけ退屈しちゃいました。
でも、世間知らずで周りの意見に流されるエリザベスが冗談と皮肉を交えて家臣と会話するまでになるところは面白かった。
1人の人間の成長と国家・宗教の絡んだ作品です。
頭使いました。
見た時間が悪いんだろうな。最後だったし。

取り合えず、カボチャパンツに爆笑させて頂きました。



1998 イギリス
監督 シェカール・カプール
脚本 マイケル・ハースト
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー
出演 ケイト・ブランシェット 、ジョセフ・ファインズ 、ジェフリー・ラッシュ 、クリストファー・エクルストン 、リチャード・アッテンボロー
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-27 19:39 | 映画。
League of the extraordinary gentlemen
b0046078_9525662.jpg公式サイト
ストーリー:1899年。ロンドンの中心にある英国銀行が襲撃され、海上の都市ベニスの設計図面が奪われた。犯人は、世界戦争を企む鉄仮面の男ファントム。間もなくベニスで開かれる極秘の和平会議を攻撃しようとしていた。英国政府は、アフリカで暮らす冒険家アラン・クォーターメインに呼びかけ、超人を集めた対抗グループ、「ザ・リーグ」のリーダーになるよう依頼する。世界の危機を知らされたクォーターメインは、それぞれ特異な能力を持ったメンバーとともに、ベニスへと向かうのだが…。


ドリアン・グレイ役がスチュアート・タウンゼントだー!!
ええ、元ゴルンですよ。
君が居たらviggoたんと出会えていなかったかもしれない。
サンキュー、ベイビー☆

そんな訳で(どんな訳だ)見ましたよ。
激しく前フリし過ぎで大コケしたこの映画。
見事なB級ップリ。ご立派です。

まず人物が薄い。基本的に人出しすぎ。
せめて最大の敵であるMとかいう人位はきちんとして欲しかった。
確かに出てくるキャラは既に周知の人物たちですよ。
でも、全員知っているとは思えない。多少の説明を加えてやるべきだ。
Mなんてオリジナルなキャラなんだから何とかしてやれよ。
世界征服も出来る戦力持ってて、目的金儲けですよ・・・。
せめて金に執着するようになった経緯とかあればね。

んでカメラワークが下手。戦闘シーンで人物によりすぎ。
何してんのか分らないし、アクションとしてOUTでショ。
なんと言うか・・・ツッコミ所満載なんですよ。

ディティールが無い。
金かけてんなら、もうちょっと如何にかしようよ・・・、勿体無い。
と思った次第であります。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-27 19:19 | 映画。
Girl
b0046078_9533767.jpgストーリー:アマンダは高校三年生。冴えないの優等生。今までに無い冒険を求めるが、自分の殻を敗れないでいる。卒業まであと2ヶ月に迫ったある日、友人と一緒に行ったライブハウスで地元で最も有名なバンドのボーカル「神の作りし男」トッド・スパローに出会い…。




痛いよ。
ションじゃなきゃ見てないよ。
わー、素敵青春映画だねー。って感じ。
ションはバンドのボーカル役でフェロモン振りまいて歌っていらっしゃいました。
声はいいんですけど、歌詞がなぁ。
なんと言うか、青春ものだからいいのか?スッゲー青臭いのです。
かなり恥ずかしかったです。そんなの見てる自分が。
誰かにこの姿を見られたら土に埋まっちゃう!!って位恥ずかしかったです。

何の試練ですか?

や、完全なる趣味で見たんですが、羞恥プレイでした。しかも放置系。イヤンバカン。

んーテンションが微妙になって来ました。
取り合えず、ションのSEXシーンやら胸毛やらとセクシーシーン満載でそこは満足。<ヲイ。

しかし髭面で現れた彼を見て、「神様はきっと女だわ!!」と断言しちゃうアマンダ嬢、かなり病気です。


1999 アメリカ
監督 ジョナサン・カーン
製作総指揮 マイケル・バーンズ 、ドナルド・カシュナー 、ピーター・ロック
原作 ブレイク・ニルソン
脚本 デヴィッド・E・トルキンスキー
出演 ドミニク・スウェイン 、ショーン・パトリック・フラナリー 、サマー・フェニックス 、タラ・リード 、セルマ・ブレア
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-27 18:56 | 映画。
BLOW
b0046078_955065.jpg公式サイト
ストーリー:幼少時代、極貧を経験したジョージ・ユングは、1960年代後半、カリフォルニアでドラッグの密売をはじめ、みるみる商才を発揮する。しかし72年、販売目的のマリファナ不法所持で逮捕。だが獄中で裏社会の大物パブロ・エスコバルに出会い、彼の信頼を得たことで、ジョージの名はますます轟くことになる。70年代後半、ジョージの提供するコカインはバブル期のアメリカにおいてパーティー・ライフの必需品と化した。またその頃、久々に愛を注げる女性マーサに出会い、2人は結ばれ娘をもうける。しかしジョージの人生は、80年代に入ってから凋落していく。彼は熱烈に娘を愛するが、足を洗おうとしても裏社会から抜け出せず、何度も服役し、妻と娘の愛を失う。そして、いまも服役中のジョージ。ある日、初めて面会に来てくれた娘を抱きしめるのだが、それは幻だった。


なーんか、1回見てんだよなぁ。
しかも途中で見るのを止めてる臭い。
ラストに見覚えなし。

如何にも70年代!的な音楽にファッション。
徹底的ですよね、これ。
今見るとダサいのと紙一重なんですが。
話的にはダルーくなる話ですね。
実在する麻薬ブローカー(現在服役中)の話。
ただ今現在も服役してるのか分らない。

ラストはちょっと切なかったなぁ。
個人的には微妙。
[PR]
by nichika-1958 | 2005-03-27 18:42 | 映画。