カテゴリ:viggo映画。( 18 )

Alatriste
b0046078_4471098.jpg公式サイト
ストーリー:スペインの作家 Arturo Perez-Reverteの17世紀のスペインを舞台にしたベストセラー小説シリーズ。主人公ディエゴ・アラトリステ(Diego Alatriste)はフランダース地方の軍隊に身を置く職業軍人。時によってはプロの殺し屋として雇われるという、影の部分を持つ男でもある──。彼の生涯を通してスペインの変動を描く。



いや、正直言いますと本気でわかんなかった。
スペイン語はさっぱりです。
名前すらまともに確認できないくらいです。
大雑把な話の流れは理解できましたが、細部を理解するのは1回だけじゃ無理ですね。

とりあえず、HoVに続いてラブシーンがちょっと生い。つーかviggoがすげぇセクシーでした。
あー、やばいヤバイ。
戦闘シーンはハリウッド映画を見慣れているとちょっと物足りない・・と云う気分を味わいますが、細かい所拘ってる感バリバリでしたね。
viggoが水の中で火種を気にするシーンが、如何にもviggoの演技だって感じでよかったです。あんな豆にその人の癖とかしぐさを気にする俳優は彼くらいなものだと思います。それが如実に出てたのがあのシーンなきがする。
あと、姐さんと言い合いっぽくなってスカーフ投げられるシーン。あの時のチマチマと靴とか履いてる姿は素敵です。如何にも演技の仕方がviggoだなぁーと、じわりと嬉しくなってしまうシーンでした。

イニゴが少年から青年へ変わったときは一瞬誰だかわかりませんでした・・・。
つーかね、もう登場人物の名前を把握しきれないもんだから、誰が誰だか分かんないんですよ。しかも登場人物多いしね。

長かったなぁと見終わった後に感じましたが、ストーリー的には駆け足だったと思います。
まぁ、アラトリステの一生追っかけたんですからね。
一生追っかけた割には細やかだったと思います。

歴史の動きを完全把握してないので、???となるばかりでしたがディエゴさまが波乱万丈なのは分かりました。
裏切られまくってた気がしたのはヲレだけか?
イニゴと恋するお嬢がもう、腹たって仕方なかった。うーわ!イニゴ趣味悪いよ!!と叫びたかった。昔は可愛かったのに。小さな恋のメロディだったのに。大人になったら何だか昼メロ。
でも、一途っちゃー、一途ですね。

最後までイニゴを守ろうとするディエゴさまのお姿に泣き咽びそうでした。イニゴも子供扱いではなくて、愛情だと理解している表情で切なかったです。

ラストはしーなーなーいでー!!と絶叫したくなります。奇跡的に生き残ったとかにしてください。

あー、日本公開いつになるんでしょうねー。
[PR]
by nichika-1958 | 2006-10-07 04:41 | viggo映画。
FRESH HORSES
b0046078_14231511.jpgストーリー:発明家を夢見るリッチな大学生マット・ラーキンは、ある日ケンタッキーの田舎家でジュエルという女の子に出会う。マットにはフィアンセのアリスがいるが、2人は愛し合うようになる。マットの部屋を訪れたジュエルはアリスの写真を見てしまい、怒って帰る。ジュエルは部屋で孤独に耽り、マットはガールフレンド達と馬鹿騒ぎをする。ある夜、山小屋で楽しんでいるマットの前にジュエルが現われ、罵声を浴びせて小屋を出る。追ったマットはジュエルに謝り、彼女は去る。翌朝ジュエルの部屋を訪れたマットは彼女が別の所にいると知り、新居を訪ねる。部屋にはグリーンというジュエルの元の夫がいた。

幼いからこそ純粋だった。

1989年 アメリカ
監督 デヴィッド・アンスポー
製作総指揮 アラン・マーシャル
原作 ラリー・ケトロン
脚本 ラリー・ケトロン
音楽 デヴィッド・フォスター[音楽] 、パトリック・ウィリアムズ
出演 モリー・リングウォルド 、アンドリュー・マッカーシー 、パティ・ダーバンヴィル 、ベン・スティラー 、レオン・ラッサム
[PR]
by nichika-1958 | 2006-08-04 14:23 | viggo映画。
b0046078_17561522.jpg
前記事
見たのは去年の9月が最初でしたねー。
それから公開されて色んな人の記事を読ませて頂き、色々と見解深めて、再び行ってきました!

大雑把に、誤訳してた所も無く、見た後の感想はやっぱり変わりませんでしたねー。
でも、見れば見るほどって気はします。
viggoの演技とか・・最初見落としていた所とかあって、圧倒されます。
トムからジョーイへ変わる瞬間とか鳥肌立ちました。
何だあの表情は!目の色が変わるってこういう事を言うのね。と。
そして、ウィリアム・ハート!あのモッタリした話方!すっごい作りこんだキャラだと思います。
マリアの全裸シーン、ぼかし入ってましたねー。アメリカで見た時は入ってなかった気がするんですが・・・?あれ?ちょっとあのシーンは笑ったっす。
マリアといえばコスプレラブシーンなんですが、あの時のviggoたんの演技はすっごいですよね!
本当この人何なんだ!と惚れ直しました。
だってマジティーンみたいなんですよ!!初見の時も思ったけど、やっぱりあのシーンはすっげぇと。
そして、やっぱりクロちゃんなだけあって、暴力シーンと言うより、グロシーン。あの見せ方は凄いなーと。だってメッサリアルなんだもん・・・。飛び散る肉片!って感じですか?

やっぱり、ラストで物足りないな~とは思ってしまいましたね。
こう、2人が見詰め合って・・・何か言うか?と思ったら終わるじゃないですか・・。
あれー?って気になりませんか??
アソコに台詞は無くてもいいとは思うんですけどね。ちょっとすっきりしない。
問題提起としてはいいんですけど、映画としては、ラストに何かあって欲しかったなぁ。と思ってしまうわけです。

ああ、しかしviggoの尻が出る階段Hのシーンでそっちばっかり目が行く自分にちょっとグッタリしましたよ。
終わった後マリアが2階に消えてviggoが映った時、もうメラーズもビックリってくらいうまーく隠れてて笑いました。あ、メラーズは@チャタレイです。

最低な感想だなぁー。
fanの皆様はすっごい何回も通われてるみたいですねー。
ヲレは映画は基本1回でいいので・・・。DVD出たら~とか思ってます。
なので、HoVの鑑賞はDVDまでお預け。つか、満足してますけどね。
viggofanとして、より映画fanとしてみてしまうからかなぁーと・・。だって、昔の映画の見方から絶対今変わった。
でも、この楽しみを与えてくれたのもviggoだしな♪と思うわけですよ。
だってTVの画面長時間見るのダメだった自分が耐久上映会(1人)が出来るくらいにまでなったし。TVなんて自宅に置く気なかったし、実際暮らし始めて2年以上はTVなかったし。それが、DVDはリージョンフリーにまでなってる始末。
それも、これも、ぜーんぶviggoのfanになったからだったりします。
偉大だねー。
[PR]
by nichika-1958 | 2006-03-23 18:07 | viggo映画。
HIDALGO
b0046078_21461182.jpg公式サイト
ストーリー: フランクと愛馬ヒダルゴはともに数々のクロスカントリー・レースを制した伝説のコンビ。が、いまは引退状態にあった。そんなとき、世界一過酷なレースの挑戦状を受け、参加することになる。



何だか色んな意味でイタタと言っちゃいそうな作品。
でもviggoは文句なしでかっこいい!!
難を言えば、ヒロインがもう少し可愛かったらなぁ・・と思った。
でもヒロインも主人公も馬に夢中だから恋愛は無い
ヴィゴたん演じるフランクも皆にモテモテだったな。
見ものはチ○コ切られそうになるシーンと、最初の方のお化粧ヴィゴでしょうか・・・。
カウボーイ姿は絶品。似合いすぎ。

取り合えず、あのインディアンの歌は正直見てて笑いをこらえるのに必死でした。
ちょっとやさぐれた感じの喋り方がセクシーです。
もう、viggoにしか目がいかないんですが、擬人化されたヒダルゴの演技は面白かったなぁと記憶しています。TJカワイイですねぇ。
レースのラスト、あの海に駆け込んでいくシーンは凄くきれいだなぁと思います。
そして、馬が本当に美しい動物なんだなぁと思いました。乗馬経験はありますが、最近乗ってませんな。のりに行きたくなりました。

何処までも、君と走り続ける。
[PR]
by nichika-1958 | 2006-02-03 21:46 | viggo映画。
A WALK ON THE MOON
b0046078_21492951.jpgストーリー:時は1969年、夏。パールは、家族で毎年過ごす避暑地に来ていた。10代で母親になった彼女は、平凡な毎日に満たされない思いを抱いていた。ある日、洋服を売りに来ていた精悍な若い男、ウォーカーに出会う。折りしもアポロ11号が初の月面着陸に成功した記念すべき日。人々はその様子を映し出すテレビ画面に夢中になる中、パールはウォーカーの魅力に溺れ、燃えるような情事に身を委ねていく。幻想的な月面映像、開放的なウッドストックの魔力、そして初めて経験する奔放な恋。家庭を大切に思いながらも、ひと夏の戯れに彼女は身も心も開放していくのだった・・・。

ジェローム@ブラウスメェン。
この映画のviggoはすんごいです。フェロモンダダ洩れ。
ムンムンしてます。ムッフーンって常に紫だかピンクのオーラが纏いついて見えます。
それくらいセクシーです。
若くして結婚した主人公がひと夏のアバンチュールに揺れる話ですね。
viggoたん演じる、ウォーカー・ジェロームは避暑地に車に積んだ洋服を売りにきた放浪の人。でも家は結構近いようだ。割りと農作業とかもしてたしな。
主人公の実直な旦那役のリーヴはトータル・フィアーズでスパイしてた人です。トータル・フィアーズの時より細く若く頼りないです。
でも旦那にするならこういう人がいいんだろうなと思わせる役柄です。
お話は恋愛メインじゃなくて、家族のかたちがメインです。
そんな中で目を引くのはやっぱりフェロモンむっふーんのviggoです。
伝説の(どこでだよ)滝つぼエッチがありますから!何も滝つぼの中でしなくても!!と云う感じなんですが、流れ落ちる激しい水をモノともせずに中々厳しい体位で頑張ってます。(余計なお世話だ)最初は車の床だったしな。viggoたん直ぐに股座に顔突っ込むのは癖なんでしょうか。(下品すぎる、このレヴュー・・・)
一番好きなシーンは奥さんがワザワザ訪ねて来てジェロームを振るシーンです。(他意はない)
あのときの切なそうな感じのジェロームさん、ああ・・本気だったんだ・・ふーん、はーん(ジェラ・・)って感じでただの暇な主婦の爛れた夏の日が一気に純愛に変化する瞬間だったわけです。物凄く穿った見解で申し訳ない。
でもここのviggoの演技は秀逸だと思ってます。


愛は無くならない。ただ増えていくもの。

1999年 アメリカ
監督 トニー・ゴールドウィン
製作 トニー・ゴールドウィン ダスティン・ホフマン ジェイ・コーエン
脚本 パメラ・グレイ
撮影 アンソニー・リッチモンド
音楽 メイソン・ダーリング
出演 ダイアン・レイン ヴィゴ・モーテンセン アンナ・パキン リーヴ・シュレイバー トヴァ・フェルドシャー
[PR]
by nichika-1958 | 2006-02-02 21:49 | viggo映画。
PRISON
b0046078_11305077.jpgストーリー:長い間閉鎖されていた刑務所が再び稼働することになったが、そこでは20年前に無実の罪で処刑された男の怨念が渦巻いていた。やがて、刑務所内では奇怪な事件が続発する……。

b0046078_11315217.jpg


変なB級以下の映画ですね。(微笑)
でもviggoでずっぱですよ!!しかも微妙なブリーフ姿でウロウロしたり、無駄にお風呂のセクシー・サービスショットがあったりと幸せな映画です。ちょっと監督の趣味を疑いたくなる作品。
FAN的には大変おいしいです!!

途中まではいいんですよ。
普通にちょっとサスペンスチックで。viggoはとっても若くてハンサムだしvv
ホラーなのかな・・・この映画。まぁ過去の亡霊見たいのがドンドン人殺すんだけどね。
ぶっちゃけちゃっちーんですよ。ホラーだったらヒィ!と一瞬でもなるものなはずなんだけど、爆笑だったッス。
viggoの役所は、車の窃盗のプロで刑務所に入ってきた人なんだけどね・・。
初っ端の設定でめっさ無理あります。
囚人だけれども正義感が強くて、クールで、怖いもの知らずで、優しい、典型的なアウトロー型ヒーローなんですよ。正義感溢れちゃってるんですよ。すごくいい人!!ぜってぇおかしいって!!でも犯罪からして何か小者な感じだし。コレならいっそ大事な人を守るために殺人を犯した人とかで刑務所入りしたほうがよかったのでは?と思います。
んで、過去の怨念ですね。viggo演じるバークさんにそっくりなんですよ。んで彼が入ってきた事によって怨念が触発されて殺人がドンドンおこるんですよね。でも、何かバークさんはあんまり反応なしって感じなんだよなぁ。
設定的に随分厳しい事が多数ありましたが、たとえB級以下でも主演映画ですよ。
しかも若く美しいんですよ!
アクションも素敵ですしね。白いブリーフがキラリ☆ってなもんですよ!


                     過去は振り返らない。




1987年 アメリカ
監督: レニー・ハーリン 
製作: アーウィン・ヤブランス 
製作総指揮: チャールズ・バンド 
原案: アーウィン・ヤブランス 
脚本: C・コートニー・ジョイナー 
撮影: マック・アールバーグ 
音楽: リチャード・バンド  
出演: ヴィゴ・モーテンセン  レイン・スミス  チェルシー・フィールド  アンドレ・ド・シールズ
リンカーン・キルパトリック  トム・エヴェレット  タイニー・リスター・Jr  スティーヴン・E・リトル
[PR]
by nichika-1958 | 2005-12-29 11:32 | viggo映画。
DAYLIGHT
b0046078_1041193.jpgストーリー:マンハッタンとニュージャージーをつなぐ海底トンネル内で、暴走車が有毒科学物質を移送中のトラックに激突。大爆破に包まれたトンネルは一握りの生存者を閉じ込めたまま崩落してしまう。偶然、現場に居合わせた元EMS(緊急医療班)チーフのラトゥーラは果敢にもトンネル内に潜入し救出作戦を展開するが……。


ベタなスタローン映画です。
それはもう、民間人が何してるのよ。と思ってしまう結構無茶な映画です。
そんなんどうでもええねん!viggoが目当てやねんもん!!と思わず関西弁になるほど可愛いviggoが拝めます。

えー、この映画ちょっと運命感じちゃうエピソードもあったり。
イギリスに去年行ったときなんですけどね。B&Bの部屋で夜TVのチャンネルポチポチ変えて暇つぶししてたんですよ。そしたら一瞬この映画のワンシーンが!viggoのシーンじゃなかったんですけど「あ!デイライトだ!」ってその一瞬で分かって慌ててチャンネルを戻しました。因みにそれまでデイライト見たのは1回だけ。我ながらなんて嗅覚だと思いました。あ、臭いじゃない?
そんな訳でviggoが出なくなるまで見て満足して寝ました。ちょっと幸せと運命と云うか、我が執念?を感じたエピソードです。
まぁどうでもいい話ですよ。<だったら書くなよ。

で、このviggoさんはですね!えースポーツ用品かなんかの会社のtopなんですよ。で、めっさ目立ちたがり屋の自信過剰男です。はは、viggoじゃねぇな。
自ら自社のCMに出ちゃったりしてます。<わー、実際居たらうぜぇ!
そして、彼もトンネル事故に巻き込まれて生き残って閉じ込められた一人。
最初のシーンとかはスーツでビシ!っときめたお姿が拝めます。閉じ込められた後は誰の制止も聞かず、自信過剰っぷりを発揮して、登山宜しく抜け道探しをします。でも、皆を助ける為ではなくて、自分の仕事のため。ある意味すげぇ。ガンガン生き残る気です。何処から来るんだその無根拠な自信は・・と突っ込みたくなるくらい前向きです。だって、サバイバル中に仕事の電話とかしてますしね、この人。
そして、ちょっと現実のviggoの姿がチラ見え。何って非常にハイセンスな服装・・・。なんだそのボーシは。「ああ、viggoだよ。間違いないよ。」と思う瞬間。パジャマで出歩いて、あまつさえ撮影までしちゃう人だしね。
んで、このロイ氏、割と早い段階で死にます。お約束ですね。
スタローンが助けに来て、止められるんだけど、止まらないロイ氏。大丈夫!と云いつつ死にました。。・゚・(ノД`)・゚・。お約束~。

その後映画はあっさりロイの事を忘れてどんどん進みます。助かってよかったね~と終わるラストではもう皆ロイが居たことすっかり忘れきっていると思います。ああ、ロイ。なんてバカチンで愛しいんでしょう。
そんな訳で、スタローン映画は嫌いですが、viggoが出てるのでこの映画は大好きです。

                
                  生きる事は、希を失わないこと。


1996年 アメリカ
監督 ロブ・コーエン
製作総指揮 ラファエラ・デ・ラウレンティス
脚本 レスリー・ボーエム
音楽 ランディ・エデルマン
出演 シルヴェスター・スタローン 、エイミー・ブレネマン 、スタン・ショウ 、ヴィゴ・モーテンセン 、クレア・ブルーム
[PR]
by nichika-1958 | 2005-12-24 10:41 | viggo映画。
ALBINO ALLIGATOR
b0046078_11393550.jpgストーリー:ドバ、マイロ、ロウの三人の強盗犯が、あるバーに逃げ込む。だが、そこは出入り口が一つしかなく、警察に包囲されてしまう。しかし、警察はドバたちではなく、同じくバーにいた武器密輸犯を追ってきたのだった。自分たちが警察にマークされてはいないことを知った三人だったが、バーの客には正体がばれているので外には出られない……。


b0046078_1139446.jpg
カメレオン俳優の本領発揮。って感じでしょうか・・・。
正直viggo映画だーって頭に入れて見なかったら見落としていたことでしょう・・・。
だってマジわっかんねーYO!
かなり作りこんだ容姿になってます。メガネやばいし、ネクタイサイケだし・・・。
なっさけないんだけどね。
この右のおじさんは世界で指名手配されちゃってる、高名な武器商人さんです。

ストーリーはもちろん主役の三人追っかけるんですが・・<あたりまえだっつーの。
ど素人三人組って感じです。手際の悪い強盗で、警報機にビビッて何も取らずに逃げちゃうの。
そして地下にあるバーに逃げ込むんです。
お客さんは普通にいます。そのバー、地下なものだから、入ってきた入り口しか出入りできない。逃げ込んでソッコー警察来ちゃっておかしいな?と思ったら彼らを追っかけてではなく、あの変な格好のおじさんを追っかけてたみたいです。ずっと警察が追っかけていたのは胡散臭いおじさんで、偶然にも同じバーに逃げ込んでしまったんです。うっかりバーのTVでニュースが流れて正体ばれるんですが、変わり身がすっごいの。
本性デター!!って感じですよ。それまでへこへこしてたのに・・・。でもやっぱりヘタレでしたけどね。死ぬしねラスト・・・。

アルビノアリゲーターの話が出て、ああ、なるほどって感じではありました。
監督がケヴィン・スペイシーなんですけど、ううーん。60点くらいかなぁ。
なんつーか、ちょっと物足りない?
緊迫感漂う感じでいいんだけどね。終盤が惜しい!って感じかなぁ。


           自分の生の為、何かを犠牲にする。さて、白いワニは誰?

               



1996年 アメリカ
監督 ケヴィン・スペイシー
脚本 クリスチャン・フォード
音楽 マイケル・ブルック
出演 マット・ディロン 、フェイ・ダナウェイ 、ゲイリー・シニーズ 、ウィリアム・フィクトナー 、ヴィゴ・モーテンセン
[PR]
by nichika-1958 | 2005-12-19 11:39 | viggo映画。
CRIMSON TIDE
b0046078_945465.jpg関連サイト
ストーリー クーデターが勃発しロシア情勢は一気に悪化、反乱軍が核施設を制圧した事で世界は第三次大戦の危機を迎えた。米海軍はベテランの艦長と新任の副長を乗せた原潜アラバマを派遣するが、核攻撃準備の指令をめぐって艦長と副長は対立してしまう……。
b0046078_9462625.jpg


インス・ウェップスって名前も好きだー!!
ってな事で、viggoの初大作です。
潜水艦映画なんですが、軍隊ものなので登場人物は多い。
その中でもインス氏は主人公ハンター氏の親友役で、しかも銃のロッカーの鍵を持ち、ミサイル発射装置の保管庫のダイアルの暗証番号を唯一持ってる人なんです。基本のお仕事はミサイル管制室の仕官です。

子供の頃のヘンリー王子もちょっろっと出てますよね。最初のハンター氏のお子さんのバースデイパーティーの所で。

アメリカ軍人スタイルのviggoも素敵です。角刈りで超マッチョ。
アイロンかけてる姿が可愛いんだけど、小指が気になる。
上官2人の板ばさみで苦悩する姿がいい!滴る汗!セクシー!!!<待て待て。
ラストの後姿のガッツポーズが何だかviggoらしい感じです。

あくまでviggoのお話視点で見てますが、この映画大好きです。
軍隊モノって群像映画意外は結構好きなんですよね。
役者の演技が安定してて、安心して見れます。アメリカ人俳優の本領発揮できる分野だよな。
監督もトニー・スコットなので、やっぱり大作ですよね?この映画。
デンゼルだし、ジーン・ハックマンだし。
上官二人のやり取りがかなり緊迫感があって凄い。どちらの言い分も分かるのでハラハラしますた。
全体的な完成度も高いので何回見ても飽きない。いい映画です。
この映画でやっとviggoの風向きも変わってきた感じですよね。


                  何を守るのか?
[PR]
by nichika-1958 | 2005-12-18 09:46 | viggo映画。
THE PASSION OF DARKLY NOON
b0046078_14142697.jpgストーリー:両親の厳格な宗教観念により、性の邪悪さを教え込まれ育った青年が、両親の死のショックから森を彷徨い恋人とひっそり暮らす一人の女性と出会う。やがて、彼女と恋人との肉愛を目の当りにした彼は、性への罪悪感と強い欲望の間で苛まれながら嫉妬心を燃やしていく……。

ブレンダン怖いよー!
ムチムチボディで更に無知<イタ・・・。ハムナプトラの精悍な姿は探さないで下さい。
しかし、上のストーリーすげぇな、肉愛とか書いてある・・。まぁ、生々しかったけどね。
まるで肉弾戦の様なラブシーンだったしな。オーバーザムーンの滝つぼエッチには敵いませんがね!<何の話だ。

イミフなシーンの多い映画でしたねー。ベストヒットイミフシーンはやっぱり、スニーカーでしょうか?森の中を流れる川に漂うスニーカー(大)。超シュール!

さてさて今回のviggoは主人公ダークリーの思い人の恋人役クレイたんです。出る人間少ねーから出番も多いです。何てったって声が出ない設定です、違う意味で目立ってます!
そしてお得意のコインジャグリングとか色んなところからモノを出す簡易マジックをいっぱいしてて可愛い。一番悶えたシーンはアレだな。ダークリーが身体に有刺鉄線グルグル巻きにして一人Mっ子プレイ中(違うから・・本当は戒めです)、作業場で顔色悪いダークリーを気遣って、心配気な顔で何度も寄って行ってはウザがられているシーン。か・わ・い・い!!
セックスは荒々しいのに実は弱いってのも結構笑えるヘタレ設定です。そういうの大好きです。早々にダークリーにやられて戦線離脱しちゃうクレイたんではありますが、こんな映画のviggoは必ず死んじゃうイメージあったので生き残ってくれてほっとしました。
個人的にクレイの映画をもう1本作って欲しいくらいです。だって何で彼が声が出ないのかとか、森に一人で住んでんのかとかクレイ目当てで見た人間は非常に気になるでしょう!!

ブレンダンを助けた青年役のローレイ・ディーンはアポロ13とかガタカとかエネミー・オブ・アメリカとかスペースカウボーイとかにも出てるそうです。ガタカではイーサンの弟役でしょうか??
アポロ13では電力が足りねー!!と叫んでいたそうですよ?印象の薄い人です。が、この映画の中では結構いい役で可愛かったです。

しかし、あの女は普通にダークリーを誘惑していたのではないでしょうか?だって不必要にスカート短いし露出が多い・・・。騙されるなクレイー!!と思いました。。
だって追い詰められた状況とは云えダークリーにアイラブユーと云うんですよ?もう、死んじゃえよと思ってしまった。

有名な話ではありますが、この映画の役作りの為にviggoは1ヶ月近く口をきかなかったそうです。身振り手振りでヘンリー王子とも意思疎通したんでしょうか・・・?か・・・かわうい・・。


                   振り翳すは情熱。

1995年 アメリカ
監督 フィリップ・リドリー
製作総指揮 レイ・バーディス 、ジム・ビーチ
脚本 フィリップ・リドリー
音楽 ニック・ビキャット
出演 ブレンダン・フレイザー 、ヴィゴ・モーテンセン 、アシュレイ・ジャッド 、ローレン・ディーン 、グレイス・ザブリスキー
[PR]
by nichika-1958 | 2005-12-16 14:14 | viggo映画。