フィリップ、きみを愛してる!。

I LOVE YOU PHILLIP MORRIS
b0046078_1254746.jpg
公式サイト
ストーリー:する家族より自分らしく生きることを選んだ警官のスティーヴン。しかし、ボーイフレンドと派手な生活をするために詐欺師となり、あえなく刑務所行きに。そこで今度はフィリップに一目ぼれし、自分は弁護士だとうそをつく。釈放後、晴れて幸せを手に入れた二人だったが、スティーヴンはさらなるうそと不正を重ねていき……。




見てきたぞー。
アメリカさんでは3度の上映延期とかなんとか。一方制作国フランスでは主演の2人にナイトのだっけ?かなんかの称号与えちゃうくらいに絶賛だったとか。
アメリカは自由の国だけど色々厳しいらしい。
ゲイの話は色々あれど、芸術作品か社会派ばかり。B山しかり、ミルクしかりか。
ラブコメだめですか?イン&アウトとかもっそい同じ種類じゃん。他にもたくさんあったじゃん!と思ったら、引っかかってるのはセックスシーンらしいです。
ネタバレになるのかしらないが、主演の2人のセックスシーンはろくになかったぞ?唯一あー頑張ってますねって感じのは、ジムが見知らぬ男としてるシーンだけなんですが、アウトなんかなぁ。
フランスはその辺寛大だもんね。僕を葬るで度肝ぬかれたのも記憶に新しい…。
ちなみに制作総指揮にリュック・ベッソン居たわwwwちょwwなにしてんのwwww

で、この映画の感想ですが同性愛ってレッテルで拒否った人にお勧めですwww
普通にコメディとして面白いっす。テンポもいいし、あんまり同性愛ってのが気になる話じゃなかったし。元ワイフの存在感もバリバリだし。
でもゲイ映画で突き抜けてアリなのが下ネタですね。アメリカコメディの下ネタってストレートに下品なので微妙なんですけど、ゲイムービーだとあんまり気にならなくなるのは何でですかね?
冒頭とラストに出てた雲とか素直に爆笑したわ。

愛のために、愛する人との生活のために!って大暴走する主人公スティーヴンなんですが、人間の可能性を見た気がしますww いや、マジで。
だって弁護士だとか言って、大学も出てないのに裁判で勝っちゃうし、上手い事脱獄させちゃうし。かと思えば経歴詐称しまくっていきなり企業の重役に入り込んで、しかも大絶賛されちゃうし。
IQ169だっけ?しかも元警官。刑務所入っても法律の勉強モリモリしてるしww

びっくりしたのはロドリゴが恋人役で出てた事。
わんこ顔が可愛らしい彼ですが、セックすぃーな腹筋さらして歩いてましたよ。
3回くらいトレイラー見てたはずなのに、完全にジムの濃い顔とユアソのキモかわ演技に気を取られていたらしい。嬉しい誤算だぜ。

ユアンはアホの子でした。あたま足りない感じの子で良いように利用されて生きてきた子って感じでした。庇護欲は俄然わく。いい言い方をしたら純粋?女子では絶滅危惧種なんですが、男子にはまだこの手のタイプ居たんですね。でもどんだけ可愛くても男です。ほっぺにバチンの音はリアルにごつかったww
ジムと始終イチャイチャしてたましたが、なんかゲイゲイしい感じを突き抜けてて逆にもう何も感じなかったな。
取りあえずうわーゲイーっと引いたのはジム演じるスティーヴンの服装かなぁ。

スティーブンもダメ男っちゃダメ男なんですけどね。虚言癖と言うにはかなり有言実行だったから何とも言えないつーか、手に負えないっつーか。最後の脱獄合戦は本当に笑った。そしてよく思いついたよ、ご本人。現在も服役中のご本人。未だにフィリップと手紙のやりとりをしているそうですよ。

ジム・キャリーってキワモノ顔だけど、整ってるなぁ。身長あるし、もしかして良い男なのか?と今更思いました。好みかどうかは別としてww

ラストもよかった。
久しぶりに映画館で沢山笑った気がする。



全ての源は君への愛!




b0046078_1445295.jpg

[PR]
by nichika-1958 | 2010-04-15 01:53 | 映画。